日本語版 >>

5Gエネルギー 無人産業応用が爆発

2019-06-26 09:09

「承鷹80E」電動積載重量無人機プラットフォーム

 6月20日から22日まで開催された2019深セン国際無人機展覧会では、工業級無人機リーダー企業である一飛智控(天津)科技有限公司と中国モバイル(成都)産業研究院(略称:中移成研院)は5 G技術による無人機応用、無人機情報化、モバイルデータなどの融合的創新について、戦略提携協議を正式に締結した。双方はそれぞれの分野の優勢を利用し、5 G時代に無人機の商用価値を開拓するために巨大な探査スペースを提供した。

 「5 Gは次第に生産建設の各分野に浸透していきます。無人機は5 G技術が業界で応用される重要な爆発点です。」中移成研院の無人機研究開発運営センターの周剣総監によると、一飛智控とともに、無人機標準を作成し、無人機産業に新たな応用方向と市場をもたらすことを期待しているという。

 一飛智控の創始者斉俊桐は、無人機産業は電気化、5 Gと互いに補完になり、通信は無人機の重要なエネルギー付与技術であり、無人機の未来の発展傾向でもある。現在、会社物流、巡回検査、編隊の方向の製品も会社の5 G+無人化の革新の考え方に基づいた研究成果で、最前線のハイテクを利用し、無人機の応用運動エネルギーを釈放し、中国の無人機産業を新たな段階に推進した。「次は、一飛智控は中国モバイル5 G技術を利用して、クラスターの編隊制御、巡回検査、物流輸送などの業務を重点的に発展させる。無人機編隊のパフォーマンスは、一飛智控クラスター制御技術の重点民生分野として、初めて5 Gを利用し、ハイテクの融合的革新を利用し、より視覚的な衝撃力に富んだ高いレベルの眩しい技術を見せることができる。」と斉俊桐さんが述べている。

 業界の専門家によると、中国モバイルの通信分野における技術の優位性を利用し、一飛智控は大いにインタネット接続化の発展過程を短縮させ、それが工業級の無人機、無人システム分野で先発の優勢性を獲得するようにサポートするという。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号