日本語版 >>

1万平方メートルもある菜の花畑は「黄金」のよう輝き

2019-06-12 10:54

金色にぴかぴか光る菜の花畑

 現在、天津港保税区の七色花田は春の栽培を完成し、1.4万平方メートルもある主な風景である菜の花畑は盛放期を迎えている。太陽の光に照らされて、大いに異彩を放っている。風と共に舞う花の海のように、初夏の保税区に活気と活力を注ぎ、七色花田が魅力を見せている。

 天津港保税区の経一路と緯四道の交差点に位置する七色花田は総面積が5.6万平方メートルで、空港生態緑廊プロジェクトの重要な一部だ。花畑に植えられた観賞期間の長いセブの花、草本の花は、春、夏、秋の3つの季節に花を観賞ことができまする。関係者によると、七色花畑では、黄金色の菜の花の海だけでなく、その後も紫色のクマツヅラ、ピンクのオオベンケイソウ、赤い菫、黄金色のひまわりなどの色とりどりの花海を見ることができる。市民の期待は決して外れるようなことはないだろう。

 保税区城環局の関連責任者によると、七色花田の所属する空港生態緑廊プロジェクトは浜海新区が天津市区に繋がる最前線で、市内と浜海国際空港から新区の緑廊までのメイン通路に位置している。プロジェクト全体は今年の年末までに完成する見込みだ。そのうち、プロジェクトの高木・低木の栽培はほぼ完成し、合計で43品種で10.3万本をうえた。二つの城の間における緑の障壁建設任務に関しては「3年の任務を1年で達成する」ことができた。現時点、スタッフの丁寧な管理の下で、様々な高木・低木の成長態勢が良好で、緑樹が木陰を作り、水系に取り囲まれる景観効果を初歩的に形成している。周辺の環境を改善氏、区域の企業誘致にサービスを提供し、住民の幸福指数を高めるために大きな役割を果たした。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号