日本語版 >>

2019年大学入試の志願者数は1千万人以上に 試験問題は「全面的な人間育成」を反映

2019-06-11 09:47

8日、大学入試が終わり、試験会場の一つである湖南省長沙市第一中学を出る受験生たち。同日、全国の一部地域で2019年全国統一大学入試が終了した(撮影・薛宇舸)。

2019年「高考(全国大学統一入試)」が終了した。今年の高考は、志願者数が1031万人(高等職業学校拡大枠補欠募集の志願者は含まず)に達した。人民日報が伝えた。

時代に対応したテーマに関する出題

五育(徳育・智育・体育・美育・労育)の全面的育成を促す

教育部考試センターの専門家らは、「2019年大学入試の出題は、大学入試の評価システムに基づき、内容の改革を推進し、『立徳樹人(徳を納め、人を育てる)』という基本任務を制度的に遂行し、五育(徳育・智育・体育・美育・労育)の全面的育成を体系的に促進するものだった」との共通認識で一致した。

たとえば、国語の試験問題を例にすると、「徳育」を根本精神に据え、時代の重大テーマを積極的に摂り入れ、「五四運動」以来100年におよぶ中国青年の愛国精神やそれに続く戦いを取り上げ、新中国成立70年間の華々しい業績に焦点を当て、新時代における「立徳樹人」の深い内容を掘り下げる問題が出題された。

英語は、「人と自然」、「人と社会」、「人と自己」という3大テーマをめぐり、英語の総合運用能力を全面的に考査する問題が出題され、広い範囲にわたり、そのスタイルも多種多様で、時事に関する問題が選ばれ、健康に対する意識や審美眼、労働精神に関する考査が重んじられる内容となった。

物理は、学科の核となる内容に重点が置かれ、試験問題の設定に新たな試みが行われ、理論と実情との結びつきが強化され、試験問題とスポーツ・生産労働・科学技術発展との関係が強化され、受験生の総合的素質が引き出される問題だった。

化学は、古代の化学工業分野における優れた成果と中国の化学関係者が化学分野で得た研究成果に関する題材が選ばれ、愛国主義精神と不屈の奮闘精神の発揚を目指した内容となった。

地理は、厳選された題材と巧妙な設問によって、地理学の人材育成価値を深く掘り下げ、素質教育の発展に一役買う出題が行われた。

歴史は、人材育成分野で歴史学が持つ独特の価値を際立たせるような問題が設けられ、核心的価値や必須の知識、カギとなる能力、学科素養が重点的な考査対象となった。

生物は、生物学における人材育成機能が十分に発揮され、革新的な出題スタイルが採用され、労働精神が体現された。

また大学の志願に関して、次のような注意喚起が行われている。

毎年、大学入試の志願前には、「内部のビッグデータを掌握している」と公言する仲介業者やウェブサイトが常に登場する。各地の教育受験部門は、「いかなる社会機関あるいは企業とも提携は行ってない」と明言している。企業の言ういわゆる「内部のビッグデータ」は、まったくのデマカセであり、間違いなく販促目的の宣伝文句に過ぎず、そのデータの精確性は検証が必要だ。教育部門、網信(インターネット情報)部門、及び公安機関は、受験生たちに対し、「これらの出願関連アプリや広告に対しては、くれぐれも慎重に対応し、警戒心を緩めてはならない」と注意を促している。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号