日本語版 >>

チャンレジ試合 「スマート」で勝負

2019-05-20 09:11

2019ワールドインテリジェント水中ロボットチャレンジ試合に、数多くのチームが参加した
第三回WIDCワールドインテリジェントドライブチャレンジ試合では、3つのグループの選手が競技を展開している。

 15日、第三回ワールドインテリジェント大会のチャレンジ試合が開幕した。2019世界インテリジェント水中ロボットチャレンジ試合と第三回WIDCワールドインテリジェントドライブチャレンジ試合はそれぞれ天津浜海ハイテク区と東麗区で開催された。全世界からの水中ロボットとスマートカーチームが天津に集り、競技場で「スマート」で勝負をしている。

 2019ワールドインテリジェント水中ロボットチャレンジ試合の現場では、国内外からの13本のチームが自ら開発した水中ロボットを連れて室内閉鎖水域、屋外公開水域の二つの競技場で「科学技術の含有量」を競い合っていた。第三回WIDCワールドインテリジェントドライブチャレンジ試合では、今年は無人運転チャレンジ試合、情報安全チャレンジ試合及びバーチャルシーンチャレンジ試合という三つのグループが設置され、参加する車両の感知、計画、戦略作成とコントロールなどの各要素を重点的にテストしていた。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号