日本語版 >>

大会、「浜海スマート」の用意に取り組み

2019-05-15 09:31

 第三回世界スマート大会が間もなく開幕する。昨日、関係者によると、今回の大会は全体の設計から実行まで、企業の訪問からゲストの招待まで、大会の宣伝から市場化の普及まで、準備の過程において至るところで浜海新区の姿が見られる。

 至れり尽くせりで

 スマート元素を全方位的に表し

 今回のスマート大会では、浜海新区は大会全体の設計と構築作業を担当している。「大会の国際化、専門化、インテリジェント化のレベルをさらに高めるために、国内外の大型会議の設計案のハイライトと特徴を十分に吸収し、専門家の評価を参考にし、多方面の意見を取り入れ、大会の設計と構築案を絶え間なく最適化させている。」と新区商務と投資促進局の関連責任者が述べている。

 関係者によると、主な視覚設計では、今回のスマート大会はより多くの天津ならではの元素と科学技術の質感を融合させた。主な会場の設計では、機能性と実用性を強調し、大会のウオームアップ方案を絶えずに改善し、インタラクティブシーンを追加した。登録ホールと展示区の設計では、未来感と知能感を十分に現わし、より多くの体験元素を増やした。また、大会のスマート管理レベルを高めるために、新区は大会ゲストサービスシステムの再設計を推進するだけでなく、快安科学技術と協力して大会の顔識別サインシステムを作り上げ、また、携帯端末のプログラム、ゲスト専属H 5、大会Appなど多様化した対外展示窓口を増設し、「小型ながら美しい」の大会サービスモードを作り出したという。

 面談会を取材

 智慧の火花を支援

 「大会の規格を引き続き高めるために、前期の準備では、浜海新区と大会組織委員会のチームは何回も国内外の主要都市に行って重点企業を訪問し、そして、成都と北京で大会のロードプロモーション活動を開催した。天津がスマート産業の高速成長を支持するための政策、産業環境と付随サービスなどを宣伝することによって、数多くの企業が大会協力、プロジェクト投資などの面における意欲と自信を樹立したのみならず、世界のスマート科学技術分野のゲストを招請するために力を注いだ。」と新区商務と投資促進局の関連責任者が紹介している。

 関係者によると、前期の努力を通して、EU商会、中国マレーシア商会、シーメンス、デルなど一連の国際的に有名な機構と企業の代表が参加するようになった。また、新区及び区内開発区が主催する四つのサブフォーラムと二つの競技も大会期間中に予定通りに開催される。

 先進的な人物が一堂に集め

 市場化、発展のチャンスを共に図り

 大会の知名度と影響力を持続的に拡大するために、新区は主導的に今回の大会の市場化運営を推進しており、面談を通じてアリババ、百度、連想、紫光、エプソン、曙光など国内外のスマート分野の有名企業と多様なモデルの協力を達成し、パートナーと機会を共有し、共に発展を図ることができた。これを機に大会の宣伝も盛んに行われた。

 如分衆メディアは国内主要都市のビルやエレベーターで大会の宣伝ビデオを放送させ、一日の人数が述べ1千万人を超え、国内のハイエンド産業の人々に大規模な宣伝を展開させ、「今日頭条」と「抖音」は大量の資源を全国に大会を普及させ、愛奇芸は大会公式サイトと協力して宣伝し、そして世界スマート大会のコラムを開通する。その上で、より多くのスマート分野の専門家や知名企業の参加を誘致し、大会成果の長期的な発展を推進するために、新区は会員制とチケット業務方案を提出した。大会組織委員会によって智港(天津)クラブ及び世界知能大会会員クラブを設立し、数多くの英才と手を携えて、知恵を集めて、遠い未来を図る。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号