日本語版 >>

会社運動会 始めての試合が展開され

2019-04-29 09:17

浜海新区融メディアセンター代表チームは試合で良好な姿を見せ、精神文明運動賞を獲得した。

 27日、浜海新区総工会が主催する「天津市浜海新区第一回従業員健康運動会」綱引き競技が塘沽体育館で展開された。浜海新区第一回の従業員健康運動会の初試合として、新区の各企業、事業、機関と駐在区の部門から43チームが申し込んだ。約500人の参加者が同じ台で争っていた。多くの試合を経て、最終的に新港船舶重工公司のチームが優勝した。天津港保税区総工会第二チーム(中糧佳悦)は準優勝となり、天津経済技術開発区総工会のチームは第三位を獲得した。浜海新区融メディアセンター代表チームは精神文明運動賞を受賞し、運動成績と精神文明建設の二重豊作を勝ち取った。

 関係者によると、今回の浜海新区従業員健康運動会には、縄跳び、綱引き、陸上競技、趣味、卓球、バドミントン、三対三バスケットボール、ビリヤード、中国将棋、水泳、ボディービルダンス(体操)、ミニマラソンの12項目が設置され、4月から10月まで次々と展開される見込みだ。「1番の席は後ろに横になってください。動いてはいけません。横になって、それをむしり取って、動かないでください。」試合中、開発区の試合参加チームは相手と膠着の段階に入り、数秒で固くなった後、ロープの中心の赤い糸はゆっくりと開発区チームに移り始めた。最終的には、彼らはこの試合の勝利を得た。このような感激的な場面は昨日の試合では珍しくなく、多くのチームが競技場のそばに立って競技場の両チームを応援した。「綱引きは大衆的なスポーツとして参加度が高く、現場の雰囲気も良く、スポーツの健康のテーマともつながっている。今回の運動会も新区総工会が提唱する心身のケアプロジェクトの一つであり、年初から計画された重要な活動だ。この試合を通じて、従業員全員が体を鍛え、全身全霊で仕事に打ち込みたいと思う。」と浜海新区総工会宣伝インタネット部の唐同慶部長が述べている。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号