日本語版 >>

東疆水上運輸リース、全国を先駆け

2019-04-26 09:07

2019第一回中国(東疆)水上運輸産業ウィークの活動現場

 ■2019年3月までに、東疆保税港区は158隻の国際船舶と15台の海上プラットフォームのリース業務を完成した。船舶海工資産は累計95億ドルを超えて、明らかな産業発展の集積効果を形成し、国内市場をリードしている。

 ■東彊保税港区は船舶、海工プラットフォームのクロスボーダーリース業務をめぐって数十項の新しいモデルを相次いで実行し、水上運輸リース業務モデル革新の策源地となった。ほとんどのクロスボーダーリース構造はすべて東疆で実施され、「東疆モード」はリース業界で広く伝わっている。

 ■今年、東彊も天津市港航管理局と一緒に、新しい水上運輸産業支援政策の作成を検討し、産業への支持力を強化し、水上運輸サービスの集積プラットフォームを構築し、各種類の水上運輸要素が東疆における集積を加速させる。

 24日、2019年第一回中国(東疆)水上運輸産業ウィークの関係者によると、天津自由貿易区の先行試運転任務を担う重要なキャリアとして、東疆保税港区は船舶、海工プラットフォームのクロスボーダーリース業務をめぐって、外債指標管理、税関異郷監督管理、資金賃貸、輸出還付などの新しいモデルを相次いで打ち出し、水上運輸リース業務モデル革新の策源地となった、現在はほとんどのクロスボーダーリース構造が東疆に先がけて実施された。データによると、2019年3月までに、東疆保税港区は158隻の国際船舶と15台の海上プラットフォームのリース業務を完成した。船舶海工資産は累計95億ドルを超えて、明らかな産業発展の集積効果を形成し、国内市場をリードしている。

 革新が次々と現れ

 「東疆モデル」が業界内で伝わり

 天津自由貿易区の先行試運任務を担う重要なキャリアとして、革新はずっと東疆発展の核心理念と見なされてきた。特に東疆ならではの特色を持つ水上運輸リース産業の面においては、船舶、海工プラットフォームのクロスボーダーリース業務をめぐって、東疆は監督管理機構と共に、数多くの新しい試行政策を推進した。

 「例えば、国家外管総局の支援の下、近年、経営性リースによる外貨賃貸料の徴収、企業外債の便利化改革、オフショア賃貸の対外債権の登録においては著しい成果を成し遂げ、東彊を全国外貨制度改革の最も集中的な地域にさせた。税関総署の支持のもと、全国に先駆けて保税リースに対する監督管理方法を導入し、長年悩まされてきたクロスボーダー取引問題を解決するために重要な一歩を歩みだした。」東疆保税港区管理委員会の沈蕾主任によると、一方、海事局の支持のもと、船舶の登録権限を東彊に委譲し、区内企業の船舶登録の利便性を向上させ、船舶登録の手続き時間を三営業日以内に短縮し、業界の好評を得たという。また、東疆は国内貿易船舶の保税経営性リース問題を解決し、リース会社のために国内・国外という二つの市場を合理的に利用して業務を展開し、斬新な参考モデルを提供した。

 ビジネスモデルの革新分野では、東彊はずっと全国を先駆け、水上運輸・リース業務モデル革新の策源地となり、「東疆モード」はリース業界で広く普及しており、ほとんどすべてのクロスボーダーリース構造は東疆で先駆けて実行された。「ここ数年来、東彊は先験的に試し、企業の訴求をめぐって、業界の痛みや難点を解決することを検討し、市場のためにより価値のあるビジネスモデルを提供してきた。過去にできなかった業務は現在に実現することができる。東彊が国際先進地区とドッキングし、税収、外貨、通関政策などの面で引き続き革新を推進し、リース資産の証券化、リース資産の取引、処理などの面でより多くの税務優遇と外貨便利サービスを提供することを期待している。」と工銀金融リース有限公司の趙桂才社長が述べている。

 多重な措置をとり

 水上運輸の実態産業の発展を促進

 水上運輸リースは金融と水上運輸業をつなぐプラットフォームだ。ここ数年来、東彊は優位性のあるリース産業を十分に利用し、実体経済の発展にサービスを提供してきた。例えば、業界の先導的企業と協力し、政策機能革新などによって、海工プラットフォームなどの分野における在庫品減少の任務を解決し、産業の発展な発展を支援する。

 東疆保税港区管理委員会の楊柳副主任によると、今年の初めに、招商局グループは東疆政策機能プラットフォームを利用し、「海竜二号」の海工プラットフォームの保税経営性リース業務を完成した。外債の合理的利用、為替損益の除去、国旗の掲揚など多くの難点を解決した。この革新的な業務モデルは全国の海工業の在庫品減少問題を解決するために斬新な見本を提供した。

 「今後、我々も国家戦略の発展方向をさらに引き締め、リース産業の優位性を十分に活用させ、実体経済の発展を促進していく。国際を目標に、東疆、サービス産業に立脚し、融資リースの政策制度とシステムの革新を継続的に推進し、国際と統合した発展環境を構築する見込みだ」と沈蕾氏が述べている。また、東疆は区内の付随施設を改善し、水上運輸企業、船舶マネージャー、専門的な弁護士事務所、水上運輸保険、海事仲裁などのハイエンド産業を支持し、水上運輸要素が東疆での集積を加速させる。

 関係者によると、今年、東彊も天津市港航管理局と一緒に、新しい水上運輸産業支援政策の作成を検討し、産業への支持力を強化し、水上運輸サービスの集積プラットフォームを構築し、各種類の水上運輸要素が東疆における集積を加速させる。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号