日本語版 >>

天津市初の風力発電分布式プロジェクト、系統連系形で発電

2019-03-15 09:51

 近日、「巨型風車」が徐徐に回転するにつれて、天津浜海新区漢沽区域に位置する中石化長城潤滑油2兆ワットの分布式風力発電機が系統連系形で発電し、天津初の風力発電分布式プロジェクトの完成を意味している。

 関係者によると、このプロジェクトが連系したら、企業自身の生産区域の電気需要を満たすことができる。国網天津浜海会社は「自社による発電は自社で利用、余分な電気はインタネットに」という原則に従ってそれを電気ネットワークに連系させた。このプロジェクトは毎年476万キロワット・アワーのグリーン的エネルギーを提供することができる。その80%は企業の生産に用いられ、20 %はインターネットで販売されることになる。標準石炭を約1400トンを節約し、二酸化炭素を約4000トン削減することができる。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号