日本語版 >>

メッセージキャプチャーで「金儲け」

2018-11-07 09:40

 「ダブル11」のショッピングカーニバルが前もって開始し、各大手電子商取引プラットフォームからの宅配便が殺到している。注意深い市民がすでに気づいたように、ネットショッピングの業界の発展につれて、割れやすい商品を保護す緩衝材が変化している。伝統的なバブルクッション、真珠綿のクッション、段ボールクッションは徐々にエアバッグのクッションによって代られている。

 先日開催されたProPak China 2018上海国際加工パッキング展示会は、カナダ、フランス、ドイツ、日本など25カ国・地域からの加工パッキング業界の先導的企業が集結している。このうち、エババッグクッション生産設備を開発する新区の地元科学技術型企業である天津捷得科技有限公司で、国内外の人の注目を集めている。

 古きを退けて新しきを出し、基礎を固め

 2005年、会社の創始者は外国企業技術副総部署を出て、塘沽海洋科学技術園で天津捷得科学技術有限会社(以下「捷得科学技術」と略称する)を設立して、外国投資家と協力して、自主的に電気自動車のコントローラを開発して、アメリカ、ドイツ、タイ、韓国、オーストラリア、マレーシアなどに輸出している。会社は業界で知られている。その後、科学研究者の総人数が80 %を占める科学技術型企業として、会社は市場需要に従って開発の範囲を拡大し、リリーフバルブ、漏液センサなどの新製品を開発した。

2013年から、国内のネットショッピング業界は急速に発展し、ますます多くの化粧品、ワイン、電子製品、精密な計器、家具、果物などは速達物流業界を通じて消費者の手に届けている。割れやすく、壊れやすい商品は運送、パッケージ業界に大きなチャレンジをもたらした。普通の運送パッケージなら、明らかにこれらの製品の貯蔵、荷下ろしを支援することができないため、緩衝材が生まれたのだ。リスクとコストを低減するために、商品を保護する緩衝材は新製品を開発し、バブル緩衝材料から真珠綿の緩衝材、段ボールの紙面まで開発したが、やはり無視できない欠陥がある。

 「バブルの材料は小さな粒が圧縮してできていて、いつも開いていると飛ぶことがある。真珠の綿や段ボールは環境に優しくない。」捷得科学技術の法人代表者である李娟さんによると、この時、国内の電子商取引プラットフォームと運送業界が次のメッセージを敏感につかんだ。それは海外から輸入された商品の緩衝材が変化し、緩衝効果が高く、より清潔で、リサイクル可能なエババッグになった。2013年5月から、捷得科学技術は科学研究の力をエアバッグ生産設備の開発に取り入れ、二年間をかけて始めてのエババッグクッション生産機を開発し、六、七月に生産試行を開始した。この製品はスマート・自動化の生産方法を実現し、手動によるガス入り膜は圧力が調節しにくく、気泡膜の浪費などの欠点を回避し、伝統的な手動、足動の方式を変えて、「空気入れ」に別れを告げて、充填速度が25メートル/分に達することができる。

 その後、市場の変化につれて、捷得科学技術もどんどん更新し、特許を申請した。今年、会社が新たに開発したエアバッグのは、商品のために全面的な保証を与えるエアバッグ式の緩衝保護を提供し、輸送損失率を最低にすることができる。2018年上海国際加工パッケージ展では、この製品は特に外国投資家の注意を集めている。9月7日、アメリカのクライアントIvexの副総裁和技術者は会社を訪れて考察し、会社の製品に高い評価を与え、新しい製品の発展方向を交流した。

 販売関節を開通し、制限を脱却

 長い間、会社の発展を制限するのは、技術力ではなく、販売なのだ。最初に、会社のリーダーは、すべての力を製品の開発に注ぎ、販売の面で専門会社に委託していた。しかし、この決定で会社は多くの損をした。「販売会社は、京東、天猫、唯品会などの大手電子商取引プラットフォームに製品を押しつけているが、代金の支払いが遅れ、直接代金を飲み込む代理商もいた。」李さんによると、販売代理商は、顧客に対しては、設備がすでに操業停止になり、部品もないと言っているが。お客様が製品の標識によって会社に助けを求めるまで、販売協力者が中に立っていることは知らなかった。

 この手がかりに沿って、会社はいくつかの取引先を回り、販売ルートの不調が会社の発展を制約していることに気づいた。普段は実験室で研究開発に没頭していたエンジニアたちが展示会を回り、企業に訪問した。エンジニアが駅などのバスを待っている時、他の人がリリーフバルブの制御板を仕入れて、機械の腕の気筒の標準の気圧値を制御しようとすることを聞き、急いで自宅の製品を売り込み、会社のために大きな注文を持ってきた。今年9月、会社の副総裁と開発エンジニアは北京順豊会社に行って最新のエアバッグ緩衝機を売り込み、協力の意向を達成した。「その時、彼らが力いっぱいでエアバッグに充填していたのを見た。私たちは現場でエアバッグの空気入れを披露していた。どんなに広く高いエアバッグでも、自動化でスマートに高速に充填でき、両手を解放して、効率を高め、人工的な力入れの不均衡による爆発を防ぐこともできる。」と捷得科学技術電子技術者の王学伶氏によると、科学技術は生活を変え、科学技術は同様に業界の変革をもたらすことができるという。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号