日本語版 >>

烈日の下の「最も可愛らしい人」に

2018-07-19 09:45

 三伏に入り、浜海新区の最高気温は33度に達した。数多くの人は避暑しているときに、職場を堅持し、高温天気を向かている人がいる。

 堅守

 電力従業員は、電気利用のピーク期を守り

 「今年、浜海電力ネットワークの最大値は16日の14時26分に現れ、352.17万キロワットに達し、いまは警戒状態にある。」国網天津浜海供電会社デバイスセンターの関係責任者によると、間もなく来るピーク期に対応するために、国網天津浜海電力供給会社は夏のピーク期を迎える準備をしている。

 明珠花園コミュニティでは、電力従業員は積極的に応急修理をしている。当時、変電所の気温が60度に達した。「高温天気のため、電力利用が大きすぎ、変電器が超負荷に運転して壊れ、高圧スイッチのヒューズが溶解切断した。」とメンテナスの関係者によると、問題に気づいてから、彼らは部品を交換したという。

 熱供給機構が在宅サービスを提供

 17日の朝、北塘街幸福城第二コミュニティ住民の劉海泉さんは列待ちから熱供給契約の行い、熱供給費用徴収カードまで、家の近くですべての手続きを完成した。これまでに、コミュニティの千軒以上の住民は在宅サービスを受けた。「自分で熱供給会社に行くはずだったが、バスに乗って列に並んで…考えるだけで頭いっぱいになった。コミュニティは熱供給会社をコミュニティに業務を展開させるなんて、本当に大問題を解決したわ。」と住民は高く評価している。

 尊敬を表し

 心を込めた水で涼しさを届け

 三伏に入った始めての日に、泰達町は次のことを提案した。泰達第一高校の学生は開発区の街に出て、清掃者、都市管理法律執行隊員、交通警察隊員、園林従業員、市政従業員にミネラルウォーターを上げ、感謝と尊重の気持ちで彼らと乾杯し、涼しさを上げる。

 また、浜海新区新港市容管理センターは大きなプレゼントをもらった。二軒の慈善企業は清掃者に600箱のミネラルウォーターと20バケツの水を届け、そのうち、一軒の慈善企業はセンターで「愛心水駅」を設置し、清掃者に涼しさを届けに行った。

 予報

 今週に熱い日々が続く

 三伏に入った始めての日に、雨が涼しさを届けた。しかし、この雨は気温上昇を阻止できない。気象情報によると、今週の後半期、新区は快晴の天気を迎える。18日から週末まで、高温、高湿、蒸し暑い天気は中心となる。

 注意

 長い「三伏天」で暑気あたりに気を付け

 17日、市民は40日にわたる「三伏天」を迎えた。天津市第五中心病院救急診察室の主任である張利華氏によると、毎年、三伏天に入ってから、暑気あたりした患者は明らかに増加している。市民たちが「戦いの準備」をし、暑気あたりに気を付けなければならない。

 張利華氏によると、暑気あたりになる原因が多い。市民は長時間にわたって高温と高湿の室外にいれば、暑気あたりになりやすい。また、脳梗塞、冠状動脈心臓病を持つ高齢者は室内にいても暑気あたりになる。暑気あたりは予防が大事だ。長く日光に当てることを回避し、飲食と休息に気を付け、室外の授業員は水をたくさん飲み、清涼油やチョークの正気水を利用すれば、暑気あたりを防ぐことができる。ただし、一日に多くとも三本を飲むことだ。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号