日本語版 >>

「大沽輪1」が運営開始

2018-06-28 10:09

 近日、保税区臨港港務グループに所属する合併会社の天津臨港船務有限公司の「大沽輪1」はタグボートが完成し、天津港保税区臨港区域の大沽口港区1A埠頭で正式に運営を開始した。

 関係者によると、「大沽輪1」は天津臨港船務有限公司は2016年の「大沽輪6」に次いで計画、投資、建設した第二隻のタグボートで、この船は国内で始めて『国内水上運輸海船法定検査技術規則』に符合する回転タグボートだ。その内部配置は『2006海事労働者公約』の要求をみたし、船員生活の快適性、仕事の安全性、排出のエコ性などの面で、グリーン的発展の先進的理念を十分に表し、国内の空白を成功に埋め、国際一流のレベルに達した。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号