日本語版 >>

浜海新区、知能時代を迎え

2018-05-16 09:56

 無人スーパーで「顔認証」で買い物をし、生産工場で従業員とロボットが協力して作業を進める…「知能時代」の曙は、科学変革のエネルギーを浜海新区の隅々まで送っている。「全国先進的製造開発基地」の位置づけをめぐって、製造業の堅実な基礎に基づき、浜海新区は積極的に知能製造を配置し、発展させ、知能科学技術産業発展の生態環境を引き続き改善し、国内外のハイエンド知能資源の集積を引き付け、知能科学技術産業は新区の新たな成長ポイントになっている。2020年までに、浜海新区人工知能中核産業規模は500億元に達し、関連産業規模が3000億元に達するように促進した。5月16日に開催される第二回世界知能大会は、浜海新区のために知能科学技術産業発展の新進展を示し、新動向にフォーカスし、新措置を図り、知能時代を迎えるために重要な舞台を提供する。

 業界の先進的企業が浜海に集積している

 京東無人スーパーに入り、携帯電話アプリの専属の二次元コードを読み取れば、お客は楽しく買い物することができる。決済は決済通路を通すれば、システムは顔認証技術で、お客のアカウントで支払いすることができる。こんな便利なサービス体験で、無人スーパーはますます多くの新区住民の買い物の第一の選択肢になった。

 無人スーパーの開設は、京東が浜海新区の知能科学技術産業に送る「デザート」に過ぎない。その裏には、知能科学技術産業にかかわり、総規模が200億元に達する膨大な投資計画がある。「我々は五年間で、千億元レベルぐらいの集積を実現したい。」と京東グループのX事業部の責任者が紹介している。

 近年、浜海新区は知能製造産業の発展基礎を固め、自主制御可能、安全信頼を中心に、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、オペレーションシステム、高性能サーバー、基礎部品などの肝心な基礎ソフトウェア・ハードウェアと情報安全中心技術の開発と革新を強化し、一連の業界で先導的なレベルを持つ企業が新区での集積を加速させている。彼らが共に育成した産業土壌は、京東という重要なプロジェクトを引き付けた肝心な一環だ。

 飛騰CPU、キリンオペレーションシステムなどの一連の科学研究成果は浜海新区で応用と産業化を行い、南大通用は安全CPU、キリンオペレーションシステム、ビッグデータという三大分野で国内で優位性のある地位を占めている。展訊通信は、国内始めての28nm多核スマートフォンのコアチップの量産を実現した…企業が強ければ、産業が強い。

 今回の世界知能大会の間、天津開発区企業の一飛知控は国内外のゲストに無人機ショーを披露した。国内商業無人機方案のサプライヤーの一つとして、2017年の農業作業シーズンに、一飛知控が自主的開発した信頼性の高く、安定な飛行制御システムを持つ無人機は百万ムーの以上の作物に薬剤を吹きかけ、使用した薬剤が1千トン近くで、クラウドプラットフォームは1.6億条の有効なデータを獲得し、北が黒竜江、南が海南までの農業作物のために保護傘を差した。

 優秀な環境は大手企業を育成

 有名な財政作家である呉暁波氏は「水大魚大」で怒濤のごとく展開される過去十年中国経済のイメージを描いた。大手企業を育成するためには、業界の風口の支援も必要だし、水を抜けていく魚が力を積みかさね、力を出すために政府が港を提供することも大事だ。浜海新区知能科学技術企業の発展は、企業の革新的発展に由来し、政府の支援にも頼っている。

 「政策けん引、資金支持」、浜海新区は知能科学技術産業発展の関連産業分野をめぐって、近年は一連の重要な措置を実施してきた。『天津市浜海新区ソフトウェアと情報サービス業発展行動計画(2017-2020)』では、知能基礎産業の発展を政策中心として促進し、企業開発の手当、人材導入奨励、産業チェーン上下流の協同的革新を支持するために、浜海新区は特別に「浜海新区集成回路設計産業促進特別資金」をもうけた。

 より重要なのは、去年開催された第一回世界知能大会では、浜海新区政府は中国交通建設グループなどの数多くの機構とともに総規模が300億元に達する知能科学技術産業マザー基金の設立を発起した。この基金は資本運営を手段に、世界知能科学技術分野の工程技術センターを導入し、中独工業4.0知能製造センター、集成回路センター、自動車電子と無人運転センター、知能交通センターなどの数多くの知能産業集積区を作り出す。

 「次に、新区は先進的技術の研究を展開し、人工知能の応用シーンを拡張し、人工知能の革新的主体を育成し、人工知能の革新的プラットフォームを作り出し、人工知能の専門的な人材を導入、育成し、開放・包容、多元的なサポートシステムを構築することによって、知能科学技術の革新的発展を推進する。」浜海新区の関係機関の責任者によると、知能製造、知能無人装備、知能ロボット、知能健康医療、知能セキュリティ、知能物流、知能海洋、知恵金融、知恵港、知恵都市などの分野はいずれも支持、発展する重点に入選された。

 辰星(天津)自動化設備有限公司は並列ロボットを生産する企業で、泰達知能無人装備産業園に始めて入区した企業だ。この企業の責任者によると、開発区の専門化園区の支持があるからそこ、企業が発展中に遭遇した問題が解決された。

 知能科学技術産業の急速な発展に伴って、浜海新区は専門化園区の構築では、さらに規模を拡大し、サービス措置を革新させている。天津開発区が建設している天津開発区知能産業区の計画面積が20.17平方キロメートルに達し、人工知能、知能製造、知能金融、知能健康医療、知能物流などのハイエンド知能産業のクラスターに重きを置いて発展させ、21世紀に向けて次世代工業園区の発展方向をけん引する「中国製造2025」知能製造モデル区及び国際一流の現代化ハイテク産業園区を完成するように、未来天津市の知能産業の重要な積載地になるように取り組んでいる。

 「応用駆動」、産業のグレードアップをサポート

 浜海新区人工知能産業生態チェーンを作り出し、人工知能が公共安全、教育衛生、環境保護、交通物流などの分野における応用と見本を加速させ、伝統的な優位性のある産業がデジタル化、知能化へとモデルチェンジ、グレードアップするように促進する。浜海新区は知能科学技術産業の発展においては、「応用駆動」を重要な配置に置いた。

 美克美家の工場内では、工業ロボットは若い技術者と肩を並べて戦う「同僚」になった。「最初は、従業員が部品を機械に入れて加工させる必要があったが、今はそれを生地倉庫の中に置くだけで、材料補充、加工、材料入れなどはすべてロボットが自動的に完成するようになった。従業員は材料の二次元コードをと見込めば、自動的に加工プログラムが表示され、自動加工が実現される。」この企業の責任者によると、もともとは4人の従業員を必要とする仕事だが、今は一人で十分だという。

 「浜海新区で優位性のある支柱産業をめぐって、企業の発展を制約するような共通性のあるボトルネックの問題を切り口に、企業が開発設計、生産過程、生産装備、経営管理、省エネ・排出減少などの肝心な一環における情報化改造を強化し、両化が融合する管理システムを展開し、企業の総合的集成と革新的応用の推進を加速させる。」と浜海新区関連機構の責任者が紹介している。

 2013年には、国家スーパーコンピューティング天津センターは、天津浜海工業クラウドプラットフォームの建設を開始し、全国初めての16つの工業クラウド革新サービス試点の1つとなった。去年11月に登場した浜海工業クラウド2.0は、国家スーパーコンピューティング天津センターが持つ技術と資源に基づき、底層には、高性能計算、クラウドコンピューティングとビッグデータフレームを統合し、複数の業界クラウドプラットフォーム、需給ドッキング、企業展示、工業ベース、基礎クラウドサービス、ニュース情報、産業連盟という七大のコア的機能を提供し、装備製造、金型設計、自動車工業などの十大業界にかかわり、優位性のある資源を統合し、知能生態環境を構築することによって企業の情報化使用要求を下げ、製造業のモデルチェンジを加速させることを目指している。

 国家スーパーコンピューティング天津センターの主任である劉光明氏によると、「天津浜海工業クラウド」は、以下のような役割を果たしている。一、外資企業が中国における開発能力を強化した。二、国内企業が引き続き進歩するように支援した。三、伝統的な企業がモデルチェンジとグレードアップを実現するように支援した。

 浜海新区関連部門の責任者の紹介によると、両化の融合からみれば、新区企業はデジタル化、集積相互連通、インテリジェント連携などの方面にかかわる10項目の重要指標はいずれも全国の平均レベルを上回り、その中でデジタル化開発設計ツールの普及率は91.5 %に達し、重要プロセスデジタル制御化率は70.5 %に達した。知能科学技術は、新地域の産業発展に新しい活力を注いでいる。

 関係者によると、浜海新区は今、ロボット、無人装備、ビッグデータ、音声認識などの関連する知能科学技術分野で比較的に強い競争力を持ち、深之藍、一飛智控、科大訊飛などの一連の先導的企業が現れた。しかし、浜海新区は既存の優勢性のうえで引き続き前進していくかは、考えるべき問題だ。

 関係者によると、浜海新区は人工知能の先進的な技術の発展をめぐって、知能科学技術産業発展の生態環境を引き続き改善し、国内外のハイエンド知能資源の集積を引き付け、国家人工知能産業園の構築を求めている。2020年までに、重点分野でいくつかの全国を先駆ける人工知能先導的企業を作り出し、革新・活躍、開放・協力、グリーン・効率的な人工知能生態システムを基本的に完成し、知能科学技術産業は新たな経済成長ポイントになる。人工知能の中核的産業規模が500億元に達するように育成し、関連産業規模が3000億元に達するように促進した。「産業第一、企業家優先」の理念を樹立し、企業家が創業するための良好な環境を作り出し、競争力のある人工知能企業を育成し、影響力のある新型企業家のチームを作り出した。人工知能細分分野ので代表的な科学技術先導的企業20軒、小巨人企業200軒を育成し、2000件以上の自主的知的財産権を持つ成果を形成した。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号