日本語版 >>

5月16日、第二回世界知能大会が天津で開幕

2018-05-15 09:55

 「我々は世界知能大会というプラットフォームを借りて、『大知能』革新システムの育成を加速させ、『天津知港』を作り出し、天津の成果、天津の進歩によって、知能科学技術産業の発展における『中国方案』を推進するために新しいルートと新しい経験を探索し、知能科学技術成果を人類運命共同体によりよくサービスを提供する」、去年の6月、初めての世界知能大会は天津で開催され、天津市委員会の主要責任者は開幕式で大会を運転する初心と使命を紹介した。

 今年の5月16日、第二回世界知能大会は天津で開幕され、今回の世界知能大会は「知能時代:新進展、新動向、新措置」をテーマに、「高い起点、主流に入り、国際化、特色あり」の目標を堅持し、知能科学技術分野で最も権威的、最も高質、最も規格の持つ世界大会を引き続き作り出す。

 配置を繰り上げ、知能時代の新チャンスを把握し

 「今回の大会の時間システムは自動図像センサーを採用し、無人機は図像伝送設備を経て、センサー装置が起動し、飛行成績を自動的に記録する。ー」と世界無人機コンテストの総顧問である謝斌氏は近日のリハーサルで紹介している。無人機大会は第二回世界知能大会シリーズ活動の一つで、5月17日から19日までは中新天津生態城で開催される。

 去年の大会に基づいて、今年の知能大会の試合を4項に増え、すなわち世界知能運転大会、中国知能無人機大会、開放データ革新応用大会と2018中国(天津)工業アプリ革新応用大会だ。関係者によると、第二回世界知能大会は会議、展覧会、コンテスト、知能体験などの一連の活動を開催し、「陸海空」などの知能科学産業の先進的な製品を集めることによって、世界影響力を持つ「四位一体」の国際化プラットフォームを作り出す。

 今回の知能大会は会、展、コンテストのほか、特にそのうちの展覧会を拡大し、斬新な知能体験をも加えて、知能入場、知能演出、知能模擬運転、会議知能システムなどの方法によって、大会の知能科学技術体験度をさらに向上する。

 天津は近代工業の発祥地として、製造業基礎が厚く、発展の優位性が著しい。京津冀協同発展において「一基地三区」の歴史的任務を担い、自主的革新区、自由貿易区、改革開放先行区などの「ゴールデン看板」を持つようになった。新時代に入り、天津はチャンスをつかみ、配置を繰り上げ、知能科学技術、デジタル経済を発展させ、経済成長の新動力を作り上げ、知能発展の新優位性を構築する。

 知能科学技術産業を発展させることは、天津が高質な発展を推進するための戦略的な選択肢で、天津産業構造発展の短所を補い、新旧動力の転換を実現するための需要だ。天津市の責任者によると、知能科学技術を中核とする駆動力の新次代産業変革とチャンスをつかみ、人工知能産業の発展を旗に、産業発展の「回り道の追い越し」「違う車線の追い越し」を実現する。

 会議で産業を振興させ

 高質な発展を推進する

 世界知能大会は思想を交流、経験を共有する盛会で、協力して発展を図る盛会だ。天津は産業がモデルチェンジ、動力が転換し、構造が転換する肝心な時期で、知能大会が土台を提供し、知能経済が出し物を出し、チャレンジであれ、チャンスでもある。

 4月末、天津港(グループ)有限公司は所属する6軒のコンテナ埠頭の「操作システム一体化」の切り替えを完成し、全国沿海港でコンテナ埠頭生産作業全コース集成化運営管理の港企業を先に実現し、「天津知港」建設に近づいている。また、この操作システムは展開されている埠頭及び場所の自動化改造とグレードアップ、無人運転電動コンテナトラックに支持を提供した。

 「我々は高質な発展の中身と要求を深く理解し、品質第一、利益優先、量と質、破と立、降と昇の関係を正確に処理すべきだ。新発展理念を堅持し、品質変革、効率変革、動力変革を迎える。」浜海新区区長の楊茂栄氏よると、「次、我々は新型知能ターミナル、知能インタネット自動車、人工知能、無人機などの知能製造産業を発展させ、国家知能製造モデル区の建設を加速させる。」

 近日、「インタネット+道路物流」リード企業トラックグループは、天津の港物流の優位性に狙いをつけ、天津開発区と戦略協力協議を締結した。トラックグループはあ「無車運転」コア業務ボードを実施し、知能物流園と港物流知恵クラウドプラットフォームを積極的に配置し、貨物無人運転試行先を起動し、天津開発区の建設を北の「インタネット+知恵物流」の重要なエンジンに建設する。

 この一年間、天津では、地元の企業はチャンスをつかみ、モデルチェンジし、区域間の先導的企業、研究院も天津に入区し、集積している。

 去年6月、天津市はアリ金服は協力協議を締結し、天津「ノーキャッシュ都市」建設を共に推進し、「インタネット+政務」のインテリジェントグレードアップを推進する。9月京東グループと浜海新区人民政府、天津経済技術開発区管理委員会と戦略協力協議を締結し、インテリジェント物流産業集積基地を作り出し、5年間で220億元を投資し、関連する320億元をもたらす。今年4月、中国工程院と天津市政府は中国工程科学技術発展戦略天津研究院枠組み協議を締結した。

 産業実施

 政府が企業にプラットフォームを構築する

 2017年以来、天津市は十大特別行動計画などの「1+10」方案システムを公表し、「ビッグインテリジェント」革新システムを構築し、「ビッグインテリジェント」産業集積の育成を加速させ、発展に斬新な動力を提供する。

 「天津で優位性のある集積を計画し、産業の集積を計画し、どのところにおき、どの産業を行い、どの機能区がするに関しては、工夫しなければならない。」天津市常務委員会、浜海新区委員会書記の張玉卓氏によると、浜海新区の6000軒の中外合併企業はインテリジェント改造が必要であるため、技術集積と産業集積の面では、天津は工夫を着実に実行すべきだ。「去年、人工知能の特徴が明かな分野では、30%ぐらいの成長率を実現した。」

 政策を作成、実施することは、良好な発展環境を構築することだ。天津市政府は環境の構築、人材と資金を導入することによって、人工知能科学技術産業と経済発展を結合させる。

 4月1日から、天津国税「多くとも一回だけ」リストが実施され、ほかの81件の事項はインタネットでおこなわれ、税金ごとをするためには「走らなくてもよい」。4月9日、市場監視管理委員会は天津自由貿易区で国家最新の電子営業ライセンスを行い、企業は手続きをするためには窓口まで来なくてもよい。天津市公安局は民生サービス、企業にサービスを提供する「双十条」措置を起動し、人材を導入するための「レンタル入区」など。

 「民営科学企業は商業運営環境には敏感で、環境が良くなったら、種をまけば芽生える。」と天津一飛知控科学技術有限公司の取締役である斉俊桐氏が述べている。

 企業家のために良好な環境を構築するためには、天津は『企業家の創業のために良好な環境を構築することに関する規定』を実施した。幹事を奨励し、問責制度を行うためには、天津は「行動しない、責任を取らない特別管理三年行動方案(2018-2020年)」を公表し、3年間にわたる行動しない、責任を取らない特別管理行動を展開する。

 「特別管理を通して、一部の難問が解決された。幹事が創業するための雰囲気を作り出した。」と天津市の行動しない、責任を取らない特別管理三年行動指導グループ弁公室の責任者が紹介している。

    『人民日報』

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号