日本語版 >>

世界知能大会:新区産の無人機がきた

2018-05-15 09:43

スタッフは展示会に参加する三台の飛行機を調整している

 今年の世界知能大会、無人機シリーズの活動はハイライトの一つになる。中新天津生態城の無人機企業の天津全華時代航空科学技術発展有限会社は数多くの最新の無人機を連れて展覧会に参加する。

 「従来の無人機と比べて、「哨兵」無人はより多くの人工知能を増えた。」この企業の責任者によると、この製品は短時間の訓練だけで操作し、ワンステップで離陸と着陸することができる。また、空中で障害物を自動的に回避することができる。モニターを使わなくても公安、消防、検査、航空撮影、応急修理に使われる。「哨兵」のほか、全華時代は「タカ」「太陽神」という二種の機種が展覧会に参加する。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号