日本語版 >>

「双創」の夢はここで叶えられ

2018-02-09 10:17

連合研究院企業はゲストに自分の成果を紹介している

 7日、天津国際生物医薬連合研究院が開催する2017年度導入プロジェクトと孵化成果交流郷友会を開催した。活動の中では、天津艾賽博生物技術有限会社などの11軒の企業はロードショーに登場し、現場の70余軒の生物医薬企業の責任者と代表及び30余名の国内外の有名な投資機構に各自の成果をアピールしている。

 国家級A類科学技術企業の孵化器として、連合研究院は「政府の土台構築、市場メカニズム、国有資産、企業運営、囲い無し、開放連合、国際認証、互恵・ウィンウィン」の「浜海モデル」を革新的に提案し、実施し、益々多くのプロジェクトが入区した。これまでに、連合研究院は合計で230軒の企業を孵化し、登録資本金が30.8億元に達し、産業集積効果が益々際立った。

 展示プロジェクトのハイライトが現れ

 当日のロードショーの中では、天津艾賽博生物技術有限公司の登場は人々を驚かせた。この連合研究院に始めて入区した企業は間もなく連合研究院を「卒業して」、産業化を実現する。

 「植物細胞大規模育成技術の産業化を実現するために、我々が開発した国際先進的な植物細胞規模育成技術が中国の土地で産業化の果実を実り、世界植物細胞育成産業化の先駆者になる。」創立初期、艾賽博総経理の譚光偉氏と彼の科学研究チームはこのような豪語を語った。今、彼らはこの目標に向かって進んでいる。譚光偉氏によると、植物細胞木の香育成プラットフォーラムとして、会社は数十年を研究しており、自主的財産権を持つ一回性生物反応器技術は世界初だ。連合研究院の大きなプラットフォーラムの支援によって、会社はコストを削減し、植物細胞規模育成の拡大プラットフォーラム及び集積代謝生産率調整プラットフォーラムによって植物細胞規模育成の拡大が難しく、代謝産物生産率が低く、生産コストが高い問題を有効に解決し、植物細胞が化粧品、機能食品などの分野における応用ルートを開通した。今、会社は開発区、生態城などの機能区と積極的にドッキングし、万リットル規模のGMP産業化モデルセンターを構築し、それを中心とする上下流の産業集積の形成を期待している。

 今回の交流会では、「元老」のプロジェクトが卒業するのみならず、斬新な血液も入ってくる。天津策波生物科学技術有限会社は連合研究院に入区ばかりだった。会社総経理の劉益明氏は記者に彼らのフタ分離技術技術を展示した。「我が社のフタ分離技術は、ボトル飲み物の固体抽出物と液体を隔離して保存し、敏感成分の分解を防止する。」劉益明氏によると、この技術は無添加剤、高質なグリーン飲み物の開発に利用され、とても飲みやすく、保存コストをも削減できる。関係者の紹介では、この技術は特許を獲得し、鋳型の設計を完成し、サンプルを作り出した。

 交流会では、天津科睿恒生科学技術有限公司、天津勝発生物技術有限公司、美瑞多生物科学技術(天津)有限会社が齎したプロジェクトは医学、養老健康、食品安全、医療ビッグデータなどの生物医薬の前進的な分野に狙いをつけた。数多くのプロジェクトは投資者に注目され、無限なビジネスチャンスを現わした。

 産業集積で革新的な力を集め

 上述のロードショーで展示された技術以外に、新薬開発の全産業チェーンを目指して、連合研究院は重大伝染的病気の予防・治療、悪性腫瘍の対抗、代謝性病気の治療とワクチン開発などの30余件の新薬開発作業を展開し、コア技術、肝心な分野で一連の重要な進展を成し遂げ、全体的な開発能力と中核的競争力は著しく向上した。

 関係者によると、2017年、連合研究院の「古薬新用」ドキシサイクリンプロジェクトは臨床の許可を得た後、天津腫瘤病院の倫理的許可を獲得し、国家「十三五」重大新薬の開発と支持を得た。また、抗腫瘤、機能性便秘の治療、炎症性腸疾患の治療、Ⅱ型糖尿病及び代謝総合症の治療、肺線維化の治療、人手足口病などの重点新薬及び生物医薬開発の面で著しい進展をナシオげ、臨床前の研究に入る。また、特発性肺線維化薬物選別の高通過量の選別システムを構築し、一連のウィルス進入コピー段階の薬物選別モデルと評価システムを開発した。ニコン会社と協力して「光電連用先進的薬物選別評価」技術を開発した。新薬毒物評価プラットフォーラムは国家薬物安全評価(GLP)認証許可を得て、生物医薬産業に「けん引式」の革新的開発サービスを提供する。

 一連の革新的成果は連合研究院で集積・発展し、連合研究院創業チームの革新的力を羅和したのみならず、産業集積の効果をさらに示した。関係者によると、これまでに、連合研究院は230軒の孵化企業を育成し、登録資本金が30.8億元に達し、国家企業35軒、天津企業の44軒を集めた。

 革新的措置は持続的に成長

 関係者によると、この夢を築くプラットフォーラムでは、数多くの革新的措置は引き続き実施され、生物医薬創客が連合研究院で夢をかなえられるように支援する。

 連合研究院党委書記の黄亜楼氏によると、革新的創業プロジェクトの実施をさらに推進し、連合研究院は実験ビル1楼1000平方メートルぐらいの区域で向上・改造し、TjAb衆創空間として拡張している。新しい区域は機能区を分け、独立的なオフィス空間を切り開き、チームオフィス、ビジネス商談環境を向上する。また、ビデオシステムを構築し、創業チームと国内外のチーム専門家の交流を支援し、衆創空間の「衆」の優位性を発揮し、ブレーンストーミングを展開し、より多くの創業の霊感を呼び立てた。計画によると、2018年に向上・改造の完成した後、TjAb衆創空間は20ぐらいの革新的創業プロジェクトを導入した。

 脳電応用開発プラットフォーラムの構築は連合研究院のもう一つの立脚点だ。連合研究院の生物情報プラットフォーム、国家スーパーコンピューティング天津センター「天河一号」、テキサスサンアントニオ校などの優位性のある資源に基づき、連合研究院は脳電応用に関する革新的創業プラットフォームを作り出す。関係者によると、一部の設備はすでに研究院に入り、年後は益々多くの設備が入ってくるだろう。未来、このプラットフォームは脳電に関する革新的創業チームとプラットフォームを集める。その時、人の脳電流を読み取ることによって、人の身体状況と精神状況を判断し、病気を認識し、農電流制御自動車などの一連の構想は連合研究院で現実になるかもしれない。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号