日本語版 >>

新区新エネルギー自動車産業は爆発期を迎え

2017-12-07 09:32

NEVS 9-3新エネルギー自動車は軌道式に登場

 5日、先進的な鳳凰新エネルギー自動車プラットフォーラムに基づいて開発されたNEVS 9-3新エネルギー自動車は徐々に工場の生産ラインで成型し、国能自動車天津プロジェクトはハイテク区未来科学技術城で正式に生産を開始した。このプロジェクトは国能電動自動車スウェーデン有限会社(NEVS)と中国のパートナーがハイテク区で投資、開発、生産、販売する純電動自動車プロジェクトだ。一年間5万台の純電動自動車を生産し、生産能力が22万台に達する見込みだ。

 2015年10月に着工してから、2017年1月に国家開発と発展委員会の新規純電動自動車生産資格、今、製造規模と製品品質がいずれも先進的なレベルに達する新エネルギー自動車プロジェクトの生産開始まで、新区に入区した国能自動車は変化、突破した。

 プロジェクトのサービス能力はアジア太平洋地区に影響力をもたらし

 業界の専門家から見れば、新エネルギー技術と情報技術の盛んにつれて、純電動自動車は伝統的な燃油自動車に代わるのみならず、第三次工業革命を支える先進的な製品だ。中国新エネルギー自動車は市場が巨大で、付随システムが完全で、グリーン的経済を発展させる新時代において、世界新エネルギー自動車の産業チェン建設と車両応用の共有化モデルの全面的な発展を促進するかもしれない。

 国能新エネルギー自動車の取締役である蒋大竜さんによると、2012年、国能電動自動車スウェーデン有限会社(NEVSと略称する)は75年近くの歴史を持つスウェーデンサボ自動車会社を買収し、「NEVS」という新しいブランドを推進し、SAABブランドの代わりをとり、新エネルギー自動産業を発展させることに決心した。また、天津プロジェクトの開始につれて、国能自動車天津プロジェクトのサービスは中国に基づいてアジア太平洋地区に影響を与える。

 「我が社は開発段階に、市場を細かく調査していた。市場の需要に応じて、自動車の開発を進んできた。」蒋大竜氏によると、今、会社の新エネルギー自動車は供給が需要に応じきれない。注文はすでに2020年になった。

 「国内市場のみならず、国能自動車スウェーデンプロジェクトは2018年の下旬に生産を開始する見込みだ。業務は欧米市場に向ける。その時、グループ会社は年間50万台のハイエンド純電動自動車を生産する能力を持つだろう。」蒋大竜氏によると、中国はスウェーデンは技術、市場などの資源で補い合い、製品の開発周期と製造コストを大幅に削減し、世界で強い競争優位性と市場影響力を持つようになる。

 新エネルギー自動車分野の新生態を拡大

 業界の人によると、新エネルギー自動車に基づく運輸キャリヤの交通インタネット、特高圧技術に基づくエネルギーインタネット、高速成長するインターネット技術は「三網融合」を形成し、未来発展最大の技術革命と資源統合だ。このような動向で、新エネルギー自動車は既存運営する交通システムで普及され、産業構造全体の調整を促進する。

 蒋大竜氏によると、新エネルギー自動車企業の発展は「車を作り、車を売る」ような伝統的な市場ロジックに陥れてはならない。そのために、国能自動車は滴滴出行、世界エネルギー機関と共に「世界新エネルギー自動車サービス会社」を成立した。この会社は世界先進的な新エネルギー自動車サービスを提供し、グリーン・エコ、持続可能な発展を実現できる企業発展戦略ルートを提供する。

 「我が社は滴滴出行の需要に応じて専車を開発する。」蒋大竜氏によると、滴滴出行は世界先進的なワンストップ式多元的交通プラットフォームとして、2020年までに、そのプラットフォームで運行する電動自動車は100万台に達する見込みだ。国能自動車はその主要なパートナーとして、滴滴出行と電動自動車分野で更なる協力を展開する。

 協力して「インテリジェント化」に取り組み

 今、益々多くの自動車愛好者は新エネルギー自動車の「車でありながらも車ではない」位置づけをめぐって討論している。蒋大竜氏も生産起動式で自分の答えを出した。「未来、自動車はただの交通手段のみならず、移動できるオフィス、家庭あるいは、総合的移動プラットフォームになる。相互連通が益々必要となる。電動自動車産業の高速発展はエネルギーインタネットの建設を積極的に促進することができる。」自動車の電動化は第一歩で、共有化、インテリジェント化、インタネット化を深く融合する新エネルギー自動車のインタネット時代が間もなく来る。無論、国能自動車もサービス分野でインテリジェント運転、無人運転及び重点インフラなどの分野で速く配置している。

 記者の観察によると、「インテリジェント化」に狙いをつける新区の新エネルギー自動車企業は国能自動車だけではない。ハイテク区に本部を設立したアイコンニックとマイクロは正式にパートナーになり、未来の交通方式を定義するようなインテリジェント自動車を開発する見込みだ。関係者によると、2019年に販売される純電動自動車のアイコンニック七系はマイクロのAzureプラットフォームを搭載し、AI個人アシスタント、音声制御、モバイル設備内容共有、ビデオと音声会議などの綜合的な機能を実現する。

 今年の11月末までに、新区企業の恒天新エネルギー自動車の知能移動空間であるREDSPACEもアメリカのロサンゼルスで登場した。紹介によると、有名なデザイナーであるクリス・ボンゴが設計した新エネルギー自動車は、スーパー都市の大交通の中で順調に走り、駐車する時にオフィスや寛ぐ場所に変身し、新型インテリジェント化移動空間になる。

 ハイテク区の主要責任者によると、ハイテク区は8年前に新エネルギー自動車産業を配置し、力神電池、中電十八所などの新エネルギー自動車の付随企業に基づき、全国を先駆け、世界影響力を持つ電動自動車産業生態を作り出す。今は全車製造、動力電池、電機制御、開発センターから、メンテナンスシステム、サービスシステム、投資機構までの新エネルギー自動車の全産業チェーンを作り出した。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号