日本語版 >>

黄色い生態区 グリーン的な調和新城

2017-09-20 09:14

 浜海新区の開発と建設につれて、黄港生態レジャー区は長年の建設と発展につれて、今は緑の葉が茂って木陰を作り、大通りが設けられ、現代化のコミュニティが林立し、中小学校、幼稚園、病院、ホテルなどの付随施設が日増しに改善されてきた。黄港レジャーコミュニティは天津市市域生態建設の重要な節点と浜海新区生態核心区の一部で、黄港水庫湿地の生態環境に基づいて生態保護と建設を展開している。特に新区最大規模の保障性住宅プロジェクトである海欣嘉園は、総計画計画面積が100.6ヘクタールで、総建築面積が150万平方メートルで、公建建築面積が約15万平方メートルで、緑地率が40%に達した。生き生きとし、繁栄と発展を実現しつつあるグリーン的、調和で、幸せな新城は成長している。ここも数万人の新区建設者が定住するための最優選択肢だ。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号