日本語版 >>

第四回天津ヘリコプター博覧会は準備中 空中のショーが明日登場

2017-09-14 09:16

ヘリコプター博覧会の展示準備作業はほとんど完成

 明日、第四回中国天津国際ヘリコプター博覧会(以下はヘリ博覧会と略称する)は空港経済区で開幕した。昨日、ヘリ博覧会の展示準備作業はほとんど完成した。今回のヘリ博覧会の展覧区の面積は16万平方メートルで、展覧館の面積は約3万平方メートルで、全国の22ヵ国/地域からの403軒の企業は展覧会に参加した。また98台の飛行機、14台の飛行シミュレータ、15台の大型飛行機模型、8台のエンジン展示品、9台の特殊車両、4台のインテリジェントロボットは展覧会やショーに参加した。

 今回のヘリ博覧会では、展示される陸軍装備の内容は前三回より豊になり、軍用ヘリコプターには、武装、運輸、勤務という三つのシリーズがあり、機上武装弾薬、専用保障装備、勤務装備が付随展示される。また、室内の展示館では、飛行模擬体験区が設けられている。陸軍の「風雷」飛行表演隊は引き続き主役として今回のヘリ博覧会の飛行表演に参加する。四日間にわたる展示会で、6回の演出が行われる。空中バレー、螺旋昇降、「8」字旋回、後退上昇、躍進540度回線、四機花咲かせなどの素晴らしく、心を打つような演出は天津の空に登場する。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号