日本語版 >>

顔認証産業、新区で花を咲かせ

2017-09-11 09:15

 本月、アリペイは杭州にあるケンタッキーのKPROレストランで顔認証支払サービスを実施すると発表した。携帯を使わずに、顔認証で支払できる。関係者によると、それも顔認証が世界範囲内で始めてのビジネス試行だ。実際、近年、顔認証技術は数多くの生活シーンに応用されている。例えば、APP登録、駅安全検査、税関、会議などなど…天津全国運動会の間、中新天津生態城からの科学技術企業である華恵視科学技術(天津)有限会社は清華大学の顔認証技術によって、全国運動会の顔認証モードサービス企業になり、全国運動会で重要な役割を発揮している。

 関係者の話では、最近、顔認証作業は新区で花を咲かせ、ある程度のコア技術の優位性を持っている。

 コア技術で企業成長を促進

 華恵視科学技術(天津)有限会社の責任者によると、全国運動会の前期、スタッフは入居した選手の写真資料をシステムに入力し、特別なデータベースを形成した。人がホールに入った時に、カメラのセンサーは獲得した顔の写真とデータベースのデータを対照し、データがあれば処理しない。そうでなければ、貯蓄し、訪問客か見知るぬ人に黙認し、関連情報を全国運動村の安全保護センターにアップロードし保存する。このプロセスは全国運動会の村の既存のネットワークの設置を借りてタイムリーに情報を送ることを目的とし、実施時間はわずかの1秒ぐらいだ。同時に、インストールされた360度のセンサーは1080pぐらいの解像度を保証し、顔認証の精度をも有効に保証する。

 浜海ハイテク区の天津天地偉業デジタル科学技術有限会社が自主的に開発した最新の顔認証技術は、マスクをつけたままの状況で、瞳による精確認証で人員の情報を獲得することができる。関係者の紹介では、公の場所では、客流が大きく、人力では流れる人群れの中から目標を見つけることができず、事件が発生したら、警察は常に偵察隊を出動し、監視カメラをチェックする必要がある。このシステムを応用したら、技術者の仕事量を低下させながら、安全保護者の仕事の効率を大幅に向上することができる。

 開発区に入区した天津中科インテリジェント識別産業技術研究院は数多くの製品を開発し、国際一流の人工知能とモード識別科学技術革新センター、成果転化基地、産業発展クラスターを作り出すことに取り組んでいる。「我々の技術は目のテクスチャーと皮膚の情報を融合させ、1-2秒で開錠と虹彩身分検証を完成し、偽虹彩情報の利用を正確に防止し、国際の先進的なレベルに達することができる。今年は10種ぐらいの研究院の技術成果を搭載する携帯は市場に出る。」研究院の責任者によると、研究院の一連の成果は産業化されている。これらの成果は未来、公共安全、金融、ハイエンドサービス業、大型製造業企業などの異なる分野で重要な役割を発揮している。

 浜海ハイテク区の漢柏科学技術が開発した顔認証技術はビッグデータに基づく深度学習の畳込み神経アルゴリズムを採用して、横顔、半分遮り、変装、模糊顔などの現実の状況における顔認証能力を大幅に向上している。また、漢柏科学技術は顔認証技術、製品、アプリサービスを有機的に結合させ、漢柏顔認証応用運営プラットフォームを形成した。このプラットフォームは多種な運営モードを利用し、ユーザに生物認証に基づく体重技術融合のカスタマイズ化、全体化した解決方案を提供することができる。

 区域の優位性で産業の加速を促進

 業界の人によると、顔認証のムーア法則に従い、8ヶ月ごとに、認識率は一つレベル低下し、技術の進歩につれて、顔認証は数多くの応用分野でユーザーに受け入れられるようになった。

 今年の7月、国務院は『新次代人工知能発展計画』を正式に発表し、顔認証は産業の成長を迎えた。業界の人によると、顔認証は人工知能産業化の最前線に入っているのは、当面、人工知能の産業応用の中では、初級産業は多すぎて、突破口が必要だからだ。

 漢柏科学技術有限会社の市場総監である劉寧氏からみれば、漢柏科学技術は顔認証技術を深く研究しているのは、会社が関連技術で引き続き難関を突破し、国が業界全体に対する重視と支持がなければできないことだ。「当面、漢柏科学技術の顔認証技術の精確率は99.99%に達した。中国のデジタル化身分認証分野における実力は国外の企業と実力が伯仲し、見通しが明るい。

 業界者の人からみれば、顔認証産業の高速成長には近道がない。最初の技術障壁の突破につれて、コアの革新的技術があれば、産業の最先端に行くことができる。浜海新区にとって、百億元レベルのインテリジェント科学技術産業の発展基金を成立し、中国のインテリジェント科学技術産業の連盟を設立し、それはいずれも産業成果転化の優良な環境を促進した。

 また、顔認証の応用は主にビッグデータの支持が必要だ。政策と環境の優位性のほか、人工知能、顔認証の裏には、ビッグデータとクラウドコンピューティングの駆動がある。この面では、浜海新区は天然な優位性をもち、より多くの顔認証方案の実施を支援する。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号