日本語版 >>

臨港企業、新区に生彩を加え

2017-09-11 09:12

 近日、太重で完全な自主的知的財産権を持つ始めての400フィートの自動的試錐プラットフォームである「TZ400」は太重臨港基地の埠頭で進水し、プラットフォーム進水は国内始めてのオーバロード運送車すべり平行進水工芸を採用し、プラットフォーム建造工芸の重大な突破を実現した。

 関係者によると、「TZ400」は完全な自主的知的財産権を持つ海上石油天然ガス探査開発作業を展開するハイエンド海工装備で、泥砂や汚泥の海底作業に適応し、深井試掘と遠距離位置移動のクラスタウェル/横井戸の立坑ボーリング機能を備えている。最大の作業の水深は122メートル(400フィート)で、ボーリングマシンの能力は9000メートル(30000フィート)で、空船の重さは約16000トンで、甲板の有効な面積は3700平方メートルで、最大可変荷重は3900トンで、その構造の外形のサイズは70(長さ)×72(広さ)×9.5(高さ)メートルで、定員が150人で、同船型のJU2000Eより環境の適応性がよりよく、可変荷重がより大きく、自制力がより強いなどの著しい市場の優位性を持っている。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号