日本語版 >>

新区最大の保障性住宅プロジェクトが寄り付いた途端に売り切れ

2017-09-07 15:01

 浜海建設投資グループの関係者によると、近日、浜海新区最大の保障性住宅プロジェクトである欣嘉園暖塘第三期の1456軒の物権が寄り付いた途端に売り切れた。

 関係者によると、今回の寄り付く作業は二つの特徴を持っている。一、浜海新区最大の保障性住宅プロジェクトとして、今回の寄り付く作業は社会各界の注目を集めている。各種のメディアは寄り付きに関する公告と情報を争って転載し、市区の保障性住宅を買う資格を持つ人々を大量に引き付け、6385名の申請客を接待した。二、今回寄り付いた物件の数は昔より多く、物件選択現場で働くプレッシャーが巨大だ。繰り返しの選択と現場での考察によって、最終的にコンピューターによる物件選択の方法に決めた。それは人為的なミスを防止することもできれば、身分証明書を読み取ることで到着手続きの確認と購買協議のコピーができて、仕事の効率と物件選択の安全性を大幅に向上した。電子設備の直観、便利と安全は今回の寄り付きイベントの最大のハイライトとなった。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号