日本語版 >>

天津観光博覧会 市民が「高大上」を求め

2017-09-06 09:21

 エスキモー人の氷屋に似ているレクリエーショナル・ビークル、かっこう良い不斉地用自動車、様々な過程遊覧船…先週末、2017年中国観光産業博覧会は天津で開催され、様々な新興観光設備、観光ルートと観光製品が登場し、市民に注目されている。

 クルーズ、遊覧船、レクリエーショナル・ビークル展覧区では、天津国際クルーズ母港、天津港、中心商務区、生態城のコスタ、ロイヤル・カリビアン・クルーズなどのクルーズ企業が参加した。上海リラックス、順旅、中天、Hymerなどの国内外の有名なレクリエーショナル・ビークル製造と販売企業は現場に登場し、国内外の各種のレクリエーショナル・ビークルは百台近くあり、全産業チェーンの専門業界の展示区を示している。観衆たちはレクリエーショナル・ビークルのキャンプとドライブ旅行がもたらす極致な体験を身をもって感じることができる。

 また、今回の観光展覧会では、様々な観光線路も観光製品も登場した。特に「一帯一路」沿線観光製品も市民に注目されている。「一帯一路」沿線上の観光線路も今年観光市場の新しいハイライトとなり、団体ツアー、自由観光、個人ツアー、クルーズ観光などが含まれている。例えば、「シルクロードにあるペルシャ帝国―イランの時を超える旅」、イスラエル・ヨルダンの探索の旅など、いずれも現場の観衆の注目を集めている。」とシーザー観光の責任者が紹介している。また、全国運動会の開催に連れて、体育関係の観光線路も人気がある。例えば、平昌冬のオリンピックなど、市民が現場で格安の価格で予約している。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号