日本語版 >>

教育トレーニングという大きなケーキが何で奪いあうのか

2017-08-11 09:46

 9万億元、これはオーストラリアの去年の国内総生産に相当する膨大な資金で、専門機関で予測した今年の国人が教育分野での全部の出費である。このほど、公表されたばかりの智聯人材募集が呉暁波チャンネルと共同で発起した「新鋭中産大調査」も明記したように、半分を超えた新規中産階級の人は、顕著に学習と自己向上のための消費支出を増やした。このグループの知的財産権類の消費において、62.9%の人がオンライン課程又は知識類の製品への消費があり、「オンライン課程の自費購買」をした人も50%に及んでいることから、凄まじい規模で最速な成長を遂げている国内教育市場は、正に起業者の突入する新しいブルーオーシャンとなっています。

 市場に参入する多数のプロジェクト

 記者の観察によると、濱海新区が近年来において既に教育分野での優秀な起業チームがフォーカスする発展先の一つとなっています。早くも2013年に、国内の有名な教育機関の華図教育が、サラリーマン向けのO2O教育サービスプロジェクト——好学教育を作り上げる時に、その本部を天津開発区に設置しています。

 記者の留意したところによると、試合制度を調整する前の泰達起業コンテストにおいて、各年度において優秀な教育プロジェクトは濱海新区で披露します。例えば、第二回の泰達起業コンテスト二等賞を受賞した「勉強しよう教室」、「K12」(即ち幼稚園から高校生までの年齢帯)分野のゲーム化した個別適応学習をメインにし、試験問題集で同時に段階別の学生の学習ニーズを満たし、AI技術で試験問題の精度と学生の「能力境界」の試験問題を確保します。現在では、それは既にPre-Aラウンド、Aラウンドのマルチラウンドの融資を受けています。

 同様に泰達起業コンテストで頭角を現した天津魔愛迪科技有限公司は、5-12歳の児童のマジック教育に専念するオンラインテクノロジー会社です。会社は、児童マジック課程を特色にする一連のトレーニング課程を作り上げることで、インタネット理念を生かして、児童向けマジックのためにオフライン趣味学習、自信展示、オンライン成果共有という全く新しい教学モデルを提供しています。

 この会社の創設者の石頭から見ると、児童は、マジックの勉強に最適なグループで、学習において、マジックが子供の想像力、創造力の育成に対する良好な効果があります。「我々は実演という方式でマジックを表現し、この基礎の上で、我々は教室討論と先生の授業などを導入しています。自分で課程を作成するほか、選定した道具も子供の特徴に応じて厳選し、乃至自分で二次開発を行っています。」

 同様に起業コンテストで頭角を表した「南以離開·創意教育」プロジェクトは、第二回「中国創翼」青年起業イノベーションコンテスト天津試合エリア企業部門一等賞を受賞した歴があります。試合時に、このプロジェクトの責任者の楊一丹がインタビューに応じて、我が国では現在2.3億人の児童があり、都市家庭教育が家庭消費の65.5%を占めており、更に56.5%の親が、子供への教育投資を投資の首位に据えているため、児童教育分野の市場が非常に巨大そのものです。

 楊一丹から記者に教えたところ、彼らの製品は、「体験店+課程体系+創意活動」という形を採用し、児童の素養教育、イノベーション教育、親子教育の体験空間を作り上げている同時に、プロジェクトは、一式の教学体系を開発し、親の教育、親子の相互教育は、家庭教育の重要な一環となっています。

 「コアコンピタンスは製品自身です」

 「現在では、教育トレーニング類の市場が空前に活発したものの、起業者としての我々が冷静に認識しなければならないのは、業界に立脚するためには、コアコンピタンスを備えることです。このコアコンピタンスの本質は、製品自身です。」斑馬騎士北京科技有限公司技術の責任者が、このほど「氪空間」という開放日のイベントにおいて、このように記者に教えました。調べによると、斑馬騎士が児童の知能教育に専念するテクノロジー会社で、現在では児童教育共有プラットフォームとしての「斑馬騎士」と児童ロボットプログラミングを切口にする「斑馬教室」という二機種の主要な製品を立ち上げ、市場で初步の成果を収めています。

 「多数の人は、教育トレーニング業界を好感視し、この業界も確かに発展のピークを迎えたが、この商売を良く行うには、コアチームが‘製品+技術+教育理念’の融合を確実にしなければなりません。この三者の何れも不可欠な存在です。」斑馬騎士の責任者に思うには、児童市場の問題は、主にユーザー情報の不対称に集中しています。教育問題に直面しながら、子供のニーズ、親のニーズ、先生のニーズが違うものです:子供は面白いものが好きで、親は教育意義を重んじるのに対し、先生はより精度の高いターゲットユーザーとユーザーのフィードバックが必要であるため、インタネット時代において、情報媒体の改変で、ツールが次第に手作業を代替えし、データ沈殿分析等の改変の徐々な深化で、教育製品は、技術とより徹底的に融合することが求められています。このような融合も当然ながらプロな教育理念という基礎のサポートも必要です。

 「南以離開·創意教育」プロジェクトの責任者の楊一丹も言及したように、彼らのプロジェクトは、技術レベルから児童のコミュニティ教育と課外の教育の硬直の需要問題を解決し、供給側から着手し基礎サービスの質を高め、テクノロジー教育、芸術教育、素養開拓、修学旅行サービス等のハイエンドな児童教育資源を親の視野に入れ、彼らで自分の必要に応じて自由に選択しなければなりません。

 これこそ、彼らは、児童の自主学習に寄与する教育ロボットの双方向学習の「教育ロボットシーンドラマ」モデルを開発し、プロな文学、言語学、児童発展心理学チームで台本を作成し、10-20分間のシーンにおいて、ロボットは児童を学習のシーンに案内し、繰り返して練習する同時に、バックエンドで速やかに学習進捗、受け入れレベル、心理反応のフィードバック指標を与え、次段階の学習を指導します。この製品がより市場的説得力を持つためには、彼らは既に完全な自主的知的財産権を持つようになっています。

 上文で言及している二つの技術と深く融合する教育プロジェクト以外に、従来型の教育類プロジェクトも依然自分の市場空間をもっている。業界筋から見ると、テクノロジー分野のイノベーション起業と比べると、従来型の教育業界の核心投入は、主に教師と場所で、圧倒的多数の教育業界の起業者自身は、プロジェクトの核心教師資源であるため、起業のハードルが低いものです。但し、スタート時の気楽なことは、持続的な発展の容易さを意味していません。例えば、如何にして持続的に魅力で、切実な効果のある課程を立ち上げ、如何にして優秀な教師資源を誘致し、プロジェクトの規模化発展を確実に確保するなどは、このようなプロジェクトで解決を急ぐ課題です。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号