日本語版 >>

アメリカの創客は生態城を見込み

2017-05-19 10:01

 折りたたみ24インチのスクリーンに素早くアクセスできる携帯型表示システム、AR技術を応用する歩行者専用設計の歩行ナビゲーションアプリ、ビッグデータ分析を応用し、ユーザーにマッチングするように作られたソーシャルネットワーク…それらは記者が昨日、生態城海量ビッグデータ重度孵化器が開催した生態城双創シリーズ活動―2017中米クロスボーダープロジェクト交流会で見た革新型創業プロジェクトだ。活動では、アメリカからきた9つのハイテクプロジェクトはロードショー行い、各革新的な製品は人々に深い印象を残した。

 ロードショープロジェクトが“ハイテク”に狙いをつけ

 今後、合わなくてもボードゲームをすることができる。ロードショーの中で、新次代電子ボードゲームが記者の目を引いた。関係者によると、“Playtable”と名付けられたゲームは先進的な仮想現実技術によって、遠距離のフェースツーフェースゲームを実現することができる。“Playtable”には、数多くのゲームが掲載され、現実物体との交換を実現することもできて、より面白くなってきた。

 この目新しい新次代のボードゲームのほか、今回選ばれたロードショープロジェクトはAR、VR、人工知能、情報技術などの分野に関わり、生態城の産業方向に一致している。例えば、ビッグデータ分析を活用し、ユーザーにマッチングするように作られた仮想現実と現実強化に専念するソーシャルネットワークの“CLEVR”、断片化市場を改善しながら、ユーザーの粘着性を向上するために構築されたVR世界のマルチプラットフォームの社交と内容共有のプラットフォーム、AR技術を運用し、歩行者向けの歩行ナビゲーションアプリの“Walc”、歩行者の使用習慣により近づけ、歩行者のために、道端にある行く価値のある商店を探す。ビッグデータ、コンピュータ視覚、3 Dモデリングと感情研究分析で顔や頭の動きや表情を分析し、この技術に基づいて映画予告編の定量化の市場調査を実現する“Senso Labs”。この技術によって、メディアや娯楽会社は観客の実感を知ることができる。ブランドと広告を、創業者、ネット有名人、イベントなどの資源を繋げる唯一の開放型広告市場プラットフォーム、それは創業者と企業に協力関係を構築するのみならず、タイムリーに、容易く検索でき、海量のネット有名人を持つプラットフォームの“Tinysponsor””など。

 プロジェクト協力の意欲が旺盛

 “今日のロードショープロジェクトが非常に優れている。我が社の発展方向に一致するものが多い。”と海量ビッグデータ重度孵化器の総経理である劉激揚氏が述べている。ロードショーでは、現場の革新型キャリヤ及び投資者はいずれもロードショープロジェクトに対して濃厚な興味を示した。ロードショープロジェクトのチームは生態城のプロジェクトチームとコミュニケーションを交わしたら、各プロジェクトのチームも協力する意欲を表した。

 “外資企業は中国市場に入りたければ、きっかけとプラットフォームが必要だ。今回のプロジェクトロードショーに参加することは良いきっかけだ。生態城もよいプラットフォームだ。”今回ロードショーに参加した“Tinysponsor”プロジェクトの責任者であるMichael Prasadが述べている。彼は始めて生態城に来たが、びっくりした。彼によると、こんなに短い時間でこんなに住みやすい区域を構築したことは、世界中の人々に注目されるべきだ。また、生態城は内容の制作、文化、メディアなどの分野における資源が非常に豊富で、“Tinysponsor”プラットフォームと有機的な相互作用を実現することができるはずだ。また、生態城は環境が良くて、優秀なインフラ環境と優遇政策を持ち、プロジェクトの実施、ひいては中国市場での拡張に相応しいという。

 生態城の国際化プロジェクトがより多くなる

 今回のロードショーのプロジェクトは、生態城が協力関係を締結し、もしくは交流する国家革新型創業プロジェクトの僅かの一部だ。今後、より多くの国際的な革新型創業プロジェクトが生態城に来る見込みだ。

 “この前、生態城へ考察に来たことがある。ここにはかなりの人材が集まり、産業も集積している。それは我々のプロジェクトを支持することができて、協力する可能性がある。”今回ロードショークロスボーダープロジェクト側の北京ロサンゼルス文化創意産業園の総経理である韓麗氏によると、生態城には、彼らのクロスボーダープロジェクトに相応しい資源と革新型キャリヤがたくさんあり、プロジェクトの実施を支持することができるという。“今回のロードショープロジェクトは生態城の産業発展の位置付けに相応しい。これらのプロジェクトと協力することは、生態城の産業発展を補充することになる。”生態城科学技術局の関係者によると、未来、生態城はより多くの国際的な孵化器か革新型企業を導入し、より多くの協力によって、区域内の創業チームの国際的視野をさらに広げ、生態城で国際的な創業雰囲気をさらに作り出す。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号