日本語版 >>

「大飛行機」リースはなぜ東疆を選び

2017-04-21 09:17

 最新のデータによると、今年の第1四半期、中国の航空会社は65機の大飛行機を導入した。その中では、32機の大飛行機は天津東疆保税区がリースの形で導入されたものだ。東疆はリース産業で、特に航空リースの面での革新を続け、中国航空業界の高速発展に力強い支援を提供した。今年の3月末までに、東疆は874機の飛行機リース業務を完成し、その中には660機の各種の大飛行機が含まれ、国内民営航空運輸飛行機規模の5分の1をすでに占めている。“大飛行機”リースはなぜ東疆を選択したのか。それに関して、記者は深く取材した。

 モデルが引き続き革新され

 企業の発展空間が多い

 “東疆は現在、国内飛行機リース業の発展の環境が最も多い区域だ。ここの飛行機融資リース構造モデルの革新が絶え間なく出ている。”とアモイ飛行機リース有限会社の関連責任者が述べている。この飛行機リース分野の“若くて優れた会社”は、この前、天津自由貿易区の東疆保税港区で登録したプロジェクト会社である天津津仁リース有限会社を利用して、エアバスA321飛行機を中国東方航空に交付、リースした。それはこの会社の始めての飛行機リース業務だ。

 益々多くの航空会社がリース飛行機に傾く中、中国の航空リースは益々盛んになってきた。しかし、中国の航空リース業は開始が遅く、発展が比較的に遅れており、ある程度では航空会社の実際の需要を満たすことができない。国際とさらにつながるために、リースモデルで革新の突破を実施しなければならない。“この数年間、東疆リースモデルは革新し続けてきた。これは革新を絶えなく展開する区域で、ここでは、我が社の飛行機リース業務モデルも突破を実現することができる。”とある飛行機リース会社の関係責任者が述べている。会社が飛行機リース業務を東疆で展開するのは、モデルの革新は欠かせない要素だ。毎年の“中国航空金融受賞盛典”では、東疆の飛行機リースの革新的な取引は少なくない。

 関係者によると、東疆の飛行機リースは融資、取引、監視管理、賃金の支払いなどの全過程で成熟したモデルとシステムを構築した。現在、国内では、航空リースに関連する100%の革新的構造は東疆に由来している。例えば、中国初の保税飛行機リース取引、中国初のSPV借用外債大航空機リース取引、中国初の飛行機保税リース取引などの30余種のリース取引構造は、業界公認の“東疆モデル”を形成した。

 生産の利便化

 “東方のアイルランド”を作り出す

 東疆の良好で、国際と繋がる飛行機リース業発展の政策環境で、リース企業は業務を展開する時に“甘味を味わった”。例えば、飛行機融資リース業務の展開、天津税関革新型監視管理モデル、『自由貿易試験区リース飛行機連動監視管理操作』方案を策定し、天津税関にある各支店の情報共有、指令疎通、監視・管理の連動を実現した。

 “現在、リース飛行機が到着したら、空港の税関で倉荷の入力を行い、東疆保税港区で税関の通関申告手続を行い、飛行機が天津浜海新区総合保税区に入ったら、保税区税関で出入区の監視管理の連合メカニズムを行う。連動的な監視管理は監視管理の品質と効果を保障し、リース企業に便利なサービスを提供した。”天津税関の関係責任者によると、天津税関は情報化管理プラットフォームを構築し、情報化の手段によって東疆の保税港区、空港、総合的な保税区という三つの税関業務現場のデータとのつながりを実現し、通関の効率を向上した。

 天津自由貿易区の“金融改革30条”政策の支持のもとで、国内リース会社の取引は外貨の賃金、外商投資企業の外貨資本金による意欲決済など、自由貿易区試験を背景に、実現された。数多くの航空リース企業は実際の利点を感じた。東疆保税区管理委員会の責任者によると、今年以来、東疆は税関の特殊監視管理政策及び強い革新能力をさらに発揮し、国家戦略を積極的に実施し、国家リース業の革新型模範区の建設を引き続き推進し、航空リース業は高速発展を成し遂げた。現在、東疆は、中国の航空金融と融資リースセンターの構築に取り組み、“東方のアイルランド”を作り出した。(編集:呉双)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。  お問い合わせ番号:022-25204288  メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号