ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き
生活と文化
浜海ビデオ
  您当前的位置 : 日语  >  浜海ニュス
天津自由貿易試験区、中欧列車が始めて発車 「連動複合型」の中国-ベラルーシ貿易を繋げ
2016-11-23 09:44:00 編集:刘洁珊
  

 21日、貨物を満載したコンテナ列車が天津自由貿易区東疆エリアの海鉄中心駅を発車し、ベラルーシのミンスク行きだった。この列車は天津自由貿易試験区のヨーロッパに直行する始めての貨物列車だ。中国の北方とヨーロッパの奥地を繋げるために新しく、安全で、便利な陸上貨物チャネルを加え、国の“一帯一路”戦略にサービスを提供するために非常に重要な意義を持っている。また、この列車の開通は“一帯一路”の物流ルートの建設をさらに推進し、同時にシルク経済帯の総合資源のプラットフォームと天津自由貿易試験区の機能革新プラットフォームを繋げ、中国の輸出入貿易規模を拡大し、中国の貿易協力を簡単な売買型を連合複合型へとグレードアップするために必要なサポートを提供する。

 時間を節約し、便利で、運送量が大きく

 東西列車のチャンネルを開通

 関係者によると、今回開通した中欧列車(天津—ミンスク)はモンゴル、ロシアを経由し、モンゴル、ロシアを経由して最後にベラルーシに到着し、中国-ベラルーシ工業園のために工事物資を運送している。この列車の開通は“一帯一路”の物流ルートの建設をさらに推進した。

 “中国-ベラルーシ工業園は両国政府の支持を得て、中国中央企業が主導し、開発・構築した園区で、現在中国が世界における最大の海外園区で、中央アジアがヨーロッパに進出するためのポータルになっている。その全体的な計画面積は91.5平方キロメートルで、現在は3.5平方キロメートルのスタートエリアを開発している。”招商局グループの取締役、招商局駐中央アジア及びバルト海の首席代表、中国―ベラルーシ工業園のCEOである胡政氏によると、一年の建設を経て、ここにはすでに一連の国内外の企業が集まった。例えば、招商局グループが5億元をも投資し作り上げた商貿物流園プロジェクト、中連重科、ファーウェイ、中興などの企業が相次いで入園した。最近、広東広電産業園、中国航空工業航空機製造なども相次いで協議を締結し入園した。中国-ベラルーシ工業園建設の推進につれて、将来。中国に益々多くの企業が参加し、鉄道貨物輸送に対する需要も大きくなるだろう。

 “かつて、主に海運を利用し、中国東部沿海地区から中国-ベラルーシ工業園へ物資を運送し、約45日間かかった。空輸は速いが、コストはとても高い。そのため、鉄道輸送は非常に良い補充なのだ。”天津中鉄連合国際コンテナ有限会社の総経理のアシスタントである許鉄樹氏によると、今回始発の中欧列車(天津—ミンスク)が104TEU(標準箱)インフラ材料を満載し、二連浩特を経由し国境を出て、12月4日前後にベラルーシミンスクに位置する中国-ベラルーシ工業園に到着し、輸送期間は13日ぐらいだ。帰りはベラルーシ及びその週辺にある国の木制品、食品などの貨物を搭載する見込みだ。この列車は毎年20回を運営し、往復で3万トンの輸送物資を満載する見込みだ。

 東西がインタラクティブで双方向の協力を行い

 対外開放の新局面を作り出す

 “中欧列車(天津—ミンスク)の最大の特徴とは、“一帯一路”における発展の潜在力を持つ二つのエリアを繋げたことだ。一つは中国東部にある天津自由貿易試験区の東疆エリアで、もう一つはベラルーシにある中国-ベラルーシ工業園だ。未来、地域間における東西のインタラクティブで双方向の協力を行い、天津自由貿易試験区の優遇政策や中国-ベラルーシ工業園の優遇政策を利用し経済貿易協力を行う。”胡政氏によると、例えば、この列車が開通したら、招商局物流グループは東疆で国際保税物流園区を作り出し、中国-ベラルーシ工業園とのドッキングを行い、ヨーロッパの奥地までの拡大計画を計画的に実施する見込みだ。

 東疆保税区管理委員会副巡視員の蔡慶鋒氏によると、“十三五”の間、“一帯一路”に積極的にドッキングし、対外開放の中身を向上させ、対外開放の新構造を作り出し、京津冀における高レベルの対外開放のプラットフォームを構築することは重要な任務だ。今回、中欧列車(天津—ミンスク)の始発は、東疆が京津冀の共同発展にサービスを提供することへの参加、“一帯一路”戦略において重要な一歩を踏み出したことを意味している。未来、この列車に対する政策の支援とサポートを強化する。“現在、鉄道列車の発展に関して、中国はまだ初期段階にあるのだ。通関の利便化、コンテナ輸送の利便化において大量の仕事を行う必要がある。我々は努力し、各部門間の協調、自由貿易区の制度革新を通して、コンテナ列車の通関、運送の利便化を促進する。”と彼が述べている。

 また、未来、東疆は天津自由貿易試験区の優遇政策を利用し、例えば自由貿易試験区の投資・貿易の利便化制度の革新的優位性、輸入革新模範区の優位性及びクロスボーダー電子商取引、並行輸入車、コンテナ輸送などの機能を利用し、京津冀地区、“一帯一路”の沿線国が双方向の経済・貿易交流を行うために政策機能の支援を提供する。未来は東疆で天津―ベラルーシ工業園、天津―モンゴル工業園を構築し、“一帯一路”にドッキングするためにより多くのノードプロジェクトを設立する見込みだ。

歴史と沿革
生活环境
自然环境
浜海文化
投资环境
特色风俗

关于我们 | 广告服务 | 站点地图 | 网站建设 | 联系方式 | 版权说明 | 网站合作

津滨网版权所有,未经书面授权禁止使用 咨询电话 022-25204288 服务邮箱:jinbinwang2015@163.com

互联网新闻信息服务许可证:1212011001 备案序号:津ICP备11000547号

ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き