ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き
生活と文化
浜海ビデオ
  您当前的位置 : 日语  >  浜海ニュス
新区自動車産業が「浜海製造」に取り組み
2016-11-23 09:39:00 編集:吴双
  
 “製造”から“創造”まで、浜海新区は高レベルの研究・開発センターを導入し、自動車産業が製品の革新と製品のグレードアップにおいて飛躍的な発展を成し遂げた。一汽トヨタ技術開発会社、リスト技術センターなどの研究・開発センターの加入につれて、新区の自動車産業はリード企業に依存し、生産能力を強化し、産業チェーンを改善すると同時に、“スマイルカーフ”の高い付加価値に狙いをつけている。

 研究・開発企業に産業革新の遺伝子を注ぎ

 天津開発区の西区に位置する一汽トヨタ技術開発有限会社は、第一期の工事の投入は10億元に達している。建ててから一年も立たないこの建築クラスタには、デザイン行政ビル、総合的実験ビル、造型ビル、試作作業場や試行運転コースが集まっている。

 業界内の専門化からみれば、中国自動車市場の高速な成長につれて、競争も激化しつつある。中国における生産構造を積極的に改善するほか、研究・開発機構を設立し、中国市場に向けて製品の開発を行うことも競争において主導的な地位を占める重要な取り組みだ。

 2008年、天津一汽トヨタ自動車有限会社は技術研究センターを設立した。2012年、一汽トヨタ技術開発有限公司が登録し、開発が一汽トヨタ合弁システムにおいて演じる役割は益々重要になってきた。

 技術開発会社の成立は長くないが、トヨタブランドの車種が自主的に開発したカローラEX交換型、コースター特装車の開発やカローラハイブリッドの共同開発などのプロジェクトを相次いで完成した。業界の専門家によると、それは技術開発会社の研究開発の実力を示しながら、一汽トヨタが研究・開発の効能を釈放し、企業の発展を促進する意欲をも表している。

 近年、新区における自動車企業のリストが益々長くなっている。一汽トヨタ、長城自動車、華泰自動車、一汽大衆がが先を争って入区したため、専門的な研究・開発企業も産業規模の増大が齎す市場の需要に気付いた。昨年、入区したリスト技術センター(天津)有限公司は、オーストリアAVLリスト会社が中国で投資した第二の技術センターだ。この投資額が2億元に達した技術センターは主に、動力組立のデザインと研究開発、技術成果の転化、お客に動力組立テストの開発に関する技術コンサルティングとサービスを提供する。

 公共プラットフォームが産業革新型駆動をサポート

 自動車の研究・開発分野に専念する有名企業が入区すると同時に、自動車産業の研究・開発と革新にサービスを提供する公共プラットフォームも、産業のモデルチェンジとグレードアップを促進するエネルギーとしての役割を発揮する。

 天津自動車金型株式有限会社と国家スーパーコンピューティング天津センターとの協力はかねてから自動車企業にサービスを提供する公共プラットフォームの見本と見なされている。この企業は“天河1号”工事のデザインとシミュレーションプラットフォームを利用し、大型ハイレベルのシミュレーションプロジェクト、全体サイドプレートシミュレーションプロジェクトや自動車ドア外板欠陥品予測プロジェクトの研究を展開し、大型で複雑な部品全工程の模擬周期が長く、精度が低いという問題を解決したのみならず、製品の開発周期をも大幅に短縮し、製品の質を向上させ、研究・開発のコストを節約した。

 ハイテク区に位置する中国科学院電気自動車研究・開発センター(天津)は、新エネルギー自動車の軽量化、新エネルギー自動車の検査サービス、バッテリ、電機、電気制御などの主要な部品の開発や、バッテリの修復と回収などの電気自動車の研究・開発制造の主要な分野に狙いをつけた。将来、個々が電動自動車のキー技術分野での突破は、新区の電気自動車の製造に肝心な推進役割を発揮する。

 新区の関連産業計画によれば、未来、新区の自動車産業は国内外の自動車研究・開発と設計機関を誘致し、自動車研究研究、開発とデザインの集積地を構築することによって、新区の自動車産業を促進し、“スマイルカーフ”の製造から開発・設計という付加価値の高い分野へのアップグレードを加速している。

歴史と沿革
生活环境
自然环境
浜海文化
投资环境
特色风俗

关于我们 | 广告服务 | 站点地图 | 网站建设 | 联系方式 | 版权说明 | 网站合作

津滨网版权所有,未经书面授权禁止使用 咨询电话 022-25204288 服务邮箱:jinbinwang2015@163.com

互联网新闻信息服务许可证:1212011001 备案序号:津ICP备11000547号

ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き