ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き
生活と文化
浜海ビデオ
  您当前的位置 : 日语  >  浜海ニュス
泰達ファッションプラザが新しい姿で登場
2016-11-16 09:25:00 編集:吴双
  

 14日、泰達緑化グループの関係者によると、その会社が設計・施工した泰達ファッションプラザの改造プロジェクトが完成し、間もなく国家によって検査の上引き取られるようになる。今回の改造プロジェクトは緑化、道路、照明などを改善し、総面積が約8万平方メートルに達し、スズカケノキ、イチョウ、シロマツ、北米カイドウ、紅葉桃などの植物が植わっており、景観の効果をさらに向上させた。現場では、工事のフェンスがすでに取り壊され、室外サッカー場、バスケットボール場などの専門的なスポーツエリアが増加され、中心湖エリア、景観ビジネスエリア、泰達コートテーマスポーツエリアが改造され、姿を一新し、市民の生活に便利なサービスを提供した。

 並行輸入車業界、難問が解決され

 2015年、並行輸入自動車が合法的になってから、並行輸入自動車業界が盛んになってきた。データによると、今年の上半期、天津自由貿易区の並行輸入車事業が急速な発展を成し遂げ、そのうち、保税区の並行輸入企業が500社を超え、1.4万台の自動車を並行輸入し、17.7倍も成長し、輸入額が7.2億ドルに達している。しかし、その繁栄の裏には“並行者が街に出たら誰も知らない”、“車の出所に関する情報が不明”“手続きをわざと遅れさせ値上げを狙い”などの問題も業界の発展を妨げている。このような現象をどのように回避するか。昨日、関係者によると、新区で新しく登場したB2Bプラットフォームの“路路発”は新たな産業チェーンと取引サービスプラットフォームを構築することによって、自動車メーカー、輸入商、各レベルの代理店と端末の小売業者に、統一的で正確な需給情報を提供している。よって、並行輸入車の“深水港”を“サンシャインコースト”にする。

 “安定に、正確に、力強く”業界の難問を直撃

 関係者によると、現在、浜海新区にはすでに500社の輸入自動車企業が集まっている。浜海国際、森揚国際、渤海名車という3軒の大型自動車城と13軒の自動車ショールームを持っている。中国の四つの自由貿易区では、認定された並行輸入自動車のパイロット企業は合計で78社あり、天津市はそのうちの35社を占めている。

 B 2 Bプラットフォームの“路路発”は天保国際物流グループ、生態城に入区した天津英蓮実業会社が並行輸入車の電子商取引業務を開拓する海淘グループと協力して作り上げた会社だ。天津港保税区に位置する海淘乗車体験センターは並行輸入車品の仕入れ先、港などの流通状況、リアルタイムオンラインの予約価格をリアルタイムで表示することによって、オンライン予約とオフラインサービスが結合される消費体験を形成している。

 海淘車の国内販売センターの副総裁である李洋氏から見れば、伝統的なB2Cプラットフォームは大量の資金を占用し、産業チェーンがかなり長い自動車販売を引き受けることはできない。そのため、B2Bは未来の自動車電子商取引発展の傾向なのだ。“路路発”は自動車取引の全産業チェーンにサービスを提供するプラットフォームだ。この産業チェーンにあるすべてのプロセス、トレーダー、ディーラーから下流の金融、保険、物流までのすべてのメンバーはいずれもこのプラットフォームで活躍している。“路路発”の特徴とは安定、正確と力強いということだ。

 関係者の紹介では、平行輸入車の価格変動が非常に激しい。先週はまで59万元だったが、来週は60万元、61万元になるという。予約金を払ったとしても、車は保障されないというのはいつものことだ。“路路発”プラットフォームは、大量の海外のリソースで車価格を安定させることができる”と海淘車体験センターの関係責任者が述べている。

 いわゆる“正確”とは、プラットフォームで発表されたすべての車種は認証されたユーザーが公表したものだというコトだ。低い価格で不正利益を獲得しようとするなど、隠れて小細工をする人がいたら、すぐプラットフォームに禁止されるようになるのだ。

 “力強い”とは、プラットフォームは様々な不正行為に対して重罰を与え、違約のコストを高めることによって、業界全体を規範化させる。すなわち、伝説の“深水港”を本当の“サンシャインコースト”にするということだ。天津市浜海新区並行輸入車商会の担当者から見れば、価格の不透明、車種・配置が国内で販売されている“中規車”と一致しないこと、新車の状況が悪いこと、品質保証がないこと、メンテナンスフリー拠点がないこと、車を交付する場所が遠いこと、手続きが遅れることや海外資源量と価格の高低、上流と下流の金融サービスなどの一連の問題は、このプラットフォームを試すための試金石になる。

 並行輸入車B2Bが“春”を迎え

 現段階では、自動車電子商取引は大きくB2C、B2Bの二種類に分かれている。京東、天猫などの電子商取引プラットフォームの成功はB2Cのブームを引き起こした。業界のさらなる発展につれて、B2Bは業界の流動性を再構築することができるため、B2Cにより良いサプライチェーンを提供することができる。“B2Bの本質はサービスだ。プラットフォームが取引への介入が最も大事なのだ。長く介入すればするほどよくなる。その次は情報流、物流、資金流を短縮し、プラセスを簡素化することができるかどうかということだ。最後はプラットフォームは金を儲けるような商売になれるかどうかなのだ。それこそがサービスを提供する価値の現れだ”と業界の有識者が考えている。

 海淘グループCEOの林明軍氏は並行輸入車の未来五年の発展を予測した。彼によると、業界の電子商取引の大手企業は自動車に着手し、オンラインとオフラインが結合した産業規模はアリババより小さいものではない。百度、アリ、テンセントなどの業界も激しい競争に混じり込むはずだ。5年以内、自動車電子商取引の時代がやってくる。その時、車を販売したり、使用したりすることは面倒なことではなくなり、自転車を購買するように便利に、安くなる。

歴史と沿革
生活环境
自然环境
浜海文化
投资环境
特色风俗

关于我们 | 广告服务 | 站点地图 | 网站建设 | 联系方式 | 版权说明 | 网站合作

津滨网版权所有,未经书面授权禁止使用 咨询电话 022-25204288 服务邮箱:jinbinwang2015@163.com

互联网新闻信息服务许可证:1212011001 备案序号:津ICP备11000547号

ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き