ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き
生活と文化
浜海ビデオ
您当前的位置 : 日语  >  特色风俗
特色风俗
2016-02-01 00:00:00 编辑:

一、貝殻堤(貝のダム)

貝殻堤は海生の貝殻およびその破片、細砂、沈泥、泥炭及び沈泥質の粘土の堆積から生まれた海岸線と大体平行のダム状地形堆積体であり、また満潮線の近くに出来たから、古代海岸の地形上の確実なマークでした。天津の陸地堆積平原から、自然的に海向いて並んだⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの貝殻堤は現代の海岸線と大体平行し、小山のように分布して、四時期の海岸の位置を示します。今から5000年~10000万年前おこった完新世海進で大分埋もれた天津平原は海面の上昇、河川の沖積をへて、だんだん陸地となりました。貝殻堤はそういう歴史から残ってきた遺跡で、天津海岸におけるユニークな海岸地形でもす。また、渤海湾の古代海岸の遺跡として、陸地から海に向かった海岸線の変化を示しています。ダムの上には貝殻の種類が数多くて、中の大多数は潮間帯或いは浅海土砂海底の軟体動物の現存種です。ダムは高さが0.5~5メートル、幅が数十から数百メートル、長さが数十から百キロにも伸びています。その横断面は「凸」字形となります。第Ⅲ~Ⅳ本の貝殻堤は浜海新区に分布しています。第Ⅳ本は現在の海岸に近づき、海積平原の東にある特大満潮線の近くに分布し、その走向が現代海岸と大体一致で、第Ⅲ本の貝殻堤と河北の岐口で一つとなりました。貝殻堤は潮間帯の現存種である貝殻とその破片を主として、500年~700年前に形成されました。明末・清初の時、ここで居住している人はいました。

二、大沽口砲台

大沽口砲台については、元々明清朝の時、海河の南北両岸に重砲は置かれ、「天津の障壁」と呼ばれ、戦功が輝かしいでした。しかし、1901年、清朝政府は外国と、「辛丑条約‐大沽口砲台遺址約」を結び、砲台は撤去され、遺跡しか残されるようになちました。でも、僅か南岸にある「海」字形の中砲台は、上部がブリック、下部がストンという構造を使い、内部に三和土で補強されたため、今に至ってもよく保管されていて、これは中華民族が中国を侵略した列強との戦いの動かぬ証拠です。

三、西沽潮音寺

西沽潮音寺は浜海新区西大沽海河の川じりの南岸に位置しており、明初に建てられ、西により東に向き、海河に面しています。元来は前、後両列の庭園があったが、今は西沽潮音寺山門、大殿及び配殿しかありません。大殿は間口三間で、奥行き一間で。前後には廊下があり、青い瓦で覆い、煉瓦と木製のもので、いま、大沽口に唯一の海神祭りのお寺です。

歴史と沿革
生活环境
自然环境
浜海文化
投资环境
特色风俗

关于我们 | 广告服务 | 站点地图 | 网站建设 | 联系方式 | 版权说明 | 网站合作

津滨网版权所有,未经书面授权禁止使用 咨询电话 022-25204288 服务邮箱:jinbinwang2015@163.com

互联网新闻信息服务许可证:1212011001 备案序号:津ICP备11000547号

ホームにもどる
主要ニュース
浜海ニュス
投資動き